ベトナム・ハノイの韓国系カラオケKTV Bacchus(バッカス)情報【持ち帰りOK】

本記事では、ベトナム・ハノイの韓国人街にある韓国系カラオケ店Bacchus(バッカス)について紹介します。

JOJO

JOJOです。世界中の風俗に潜入してTwitterInstagramYouTube夜遊びサロン

で日々情報発信してます。

問い合わせ自己紹介半生振り返り

 

YouTube動画でも紹介してます。

 

ハノイのカラオケKTV Bacchus(バッカス)とは?

Bacchus(バッカス)はベトナムのハノイにある、韓国系のKTV。

ハノイのミーディン地区、韓国人街にある。

毎日女の子が100人以上出勤している韓国系で一番人気の店。

20以上あるカラオケ部屋が連日満室になっている。

 

ハノイのカラオケKTV Bacchus(バッカス)の料金システム

Bacchusの料金は以下の通り。

料金

  • 2時間飲み放題:1000k VND(1人あたり)
  • 女の子のチップ:500k VND

※部屋代、ソジュ/ビール飲み放題、おつまみ、フルーツ付き

 

連れ出しの料金

  • ショート:+2500k VND
  • ロング:+4500k VND
JOJO
連れ出しはお店の関与なし、直接女の子への支払いになります。お店に払う連れ出し料、バーファインはありません。

 

Bacchusの料金は超シンプル。

飲み代100万、チップ50万のみ。

女の子のドリンクは追加料金なし、飲み放題のものを一緒に飲む形。

これ以上お金はかからない。全部で150万ドンだけ。

JOJO
ボーイに10万ドンくらいチップあげてもいいし、あげなくてもOKです。

あと、無料でついてくるおつまみも普通に美味しいです。

これは日系店にはないサービスで嬉しい。

 

日系カラオケの料金システム

連れ出しのシステムは基本なし。

チャージ、個室料、ボトルor単品or飲み放題、女の子のドリンク、チップも個人の裁量…など

ベトナムの日系カラオケの料金はかなり複雑でわかりにくい部分がある。

また、注文数や事前に聞いていた話と会計が違って揉めることもある(JOJOも実際揉めた)。

トータルの料金も日系の方が高くなる。

↓ハノイの日系カラオケ詳細はこちらの記事にまとめてます。

>>2023年ハノイのカラオケ・KTV・ガールズバー情報まとめ

 

ハノイのカラオケKTV Bacchus(バッカス)のアクセス・行き方・地図

 

Bacchus(バッカス)の場所はここ。

ハノイ市街地の西側、ミーディン地区の韓国人街にある。

日本人街のリンランからGrabで20分ほど。

 

↓ミーディンはこんな感じで韓国人向けの店だらけ

JOJO
ベトナム在住の韓国人は日本人の約10倍。

ハノイの韓国人街は日本人街とは比較にならないくらい大きいです。

韓国料理はなんでもあるし、韓国系のスーパーもあって品揃えもすごい。

ミーディン地区は韓国語だけ、ベトナム語ができなくても生活できるようなエリアになってます。

 

Bacchus(バッカス)に着いてからの対応・遊ぶ流れ

遊ぶ基本的な流れは以下の通り。

予約

来店

部屋へ

ショーアップ

指名

飲む

(ホテルで待ち合わせ)

 

飛び込みで行っても部屋が空いてれば入れるが、予約推奨。

女の子によると、部屋数が限られてるのでほとんどの日が満室とのこと。

 

JOJO
行ったのが日曜日の早めの時間でたまたま空いてました。

週末とか飛び込みだと絶対入れないし、平日でも予約した方がいいよとのことでした。

 

予約はLINEやカカオトークで対応してくれる。

↓Googlemapに連絡先が載ってました

https://maps.app.goo.gl/xKd2zntDnHhf9C7R6

 

部屋に入ったら女の子の顔見せ、ショーアップ。

日系のカラオケと違って日本語対応できる子はかなり少ないので、言語の指定はショーアップの時にすると良い。

JOJO
英語できる子はまぁまぁいて、スタッフも簡単な英語なら通じます

 

連れ出しの可否もこの時教えてくれる。

指名したらあとはゲームやカラオケをしながら飲む。

 

連れ出しの方法

規制により一緒にお店を出るのは厳禁。

女の子と連絡先を交換、自分だけ先にホテルに戻る。

ホテルは女の子に伝えておき、30分ほどで指定したホテルに来てくれる。

 

エロ飲みゲーで乱痴気騒ぎからお持ち帰り

韓国人の知人から「この店評判いいよ」と聞いて潜入したBacchus。

夜遊びサロンのハノイ在住メンバーに声をかけて一緒に遊びにきた。

 

「アニョハセヨ〜」

 

韓国語で迎えられ

「No reservation OK?」

予約してないことを伝えて部屋があるか尋ねる。

 

「Ok 6th floor」

 

近くの部屋でショーアップがあった後だったのか、エレベーターのドアが開くと女の子が並んでいた。

 

広い部屋に案内されてショーアップ。

 

「日本語か英語できる人ー?」

 

手が上がった中からスレンダーな子を指名。

 

モーハイバーヨー!

ベトナム定番の乾杯かけ声(声量めちゃめちゃでかい)。

 

女の子「韓国人のお客さん、だいたいゲームして飲んでます」

 

ということでゲームを教えてもらうことに。

 

サイコロゲーム

サイコロ2個を順番に振っていく。

出目の合計が

7→注ぐ
8→半分飲む
9→全部飲む
1ゾロ目→指名した人が飲む
ゾロ目→逆回り

上記以外の出目の場合は次の人に順番がうつる。

JOJO
他の店でもやったことあるので、おそらく定番ゲームです。

負け続けるループに入るときついので酒強い人以外はソジュはやめときましょう。

 

手の表裏ゲーム

全員がせーので手を出して、手の甲が上か、掌が上かで、仲間外れ(少数派)の人が飲む。

シンプル。

 

↓罰ゲームでキス

 

J「ねえねぇ、一番エロいゲーム教えて」

女の子「ティッシュのゲームあります」

 

ティッシュ口移しリレー

ティッシュを口に咥えて、隣の人に口移し、その時千切る。

リレーの度に千切るのでティッシュがどんどん小さくなっていき、口移しできなくなったら終了。

 

JOJO

めちゃめちゃ唇あたります。超楽しい。おすすめ

 

 

ひとしきりゲームを楽しんで、頃合いをみて連れ出しの打診。

カカオを交換して1人ホテルへ戻った。

 

 

15分後。

 

 

 

 

 

来た。

 

泊まっていたのはBlubiz Hotel という韓国系のホテル。

連れ込みは問題なし。ジョイナーフィーも取られなかった。

 

 

J「めちゃめちゃ細くない?」

女「最近のベトナムの女の子はこれくらいが好き」

J「ちょっと足みせて」

 

 

 

ほっそ

 

 

J「じゃあシャワー浴びよっか」

 

女「浴びましょうか」

 

 

 

(日本語がかなり流暢な子で本人に見られそうなので詳細割愛。楽しかったです)

 

JOJOの評価

飲んで持ち帰りたいならめちゃめちゃあり。おすすめ。

ほぼ連日満室の韓国系最大の人気ナンバーワン店。

毎日100-120人女の子が出勤。

在籍は180人とのことで相当な数がいる。

飲むだけの子もいるが、持ち帰れる女の子の割合が多く、ショートは80%の子が対応。

ロング対応できるのは 40%くらいとのこと。

 

韓国人はサービスに細かくクレームを入れることも多いため、韓国系で真面目に営業している店は基本教育がしっかりしており、サービスレベルが高い。

Bacchusのサービスも例外なく良かった。

 

ハノイでは本番までできる場所が限定されている中で、一緒に飲んでから決められて、比較的手を出しやすい料金で遊べるBacchusの存在はありがたい。

JOJO
正確に言うとハノイホテル・フォーチュナホテルといった外国人向けの連れ出しKTVがあったり、少し郊外にいけば置屋もあるし、ベトナム版デリヘルのガイゴイも本番あり。

ただ、料金が高かったり、一般的な観光客にはハードルが高かったり、ハノイはホーチミンと比べて本番したい人にとってはかなり遊びにくい街です。

だからBacchusはありがたいって話

 

日系のカラオケ店もあるが、日系は基本飲むだけで連れ出しのシステムはなし。

一部連れ出せる店もあるが、ベテラン中心、料金は交渉の必要がありBacchusと比べると高くなる。

また、Bacchusの料金はものすごくシンプルで2時間飲み放題で総額150万ドン。

複雑な日系カラオケの料金システムよりもずっとわかりやすくて遊びやすいし、トータルの料金も日系カラオケより安い。

 

マイナスポイントをあげると、飲み中のセクハラ度はやや低め。

ジャカルタのブロックMにある韓国系KTVの印象で過激なイメージがあったが、Bacchusは割と落ち着いた雰囲気。

 

女の子のレベル感について、年齢幅は大きく、アラツーくらいの子〜30代の子までいる。

見た目がいいのはやはり飲むだけの子たち。

めちゃめちゃ美女ばかりということはない。

JOJO
これはどこの国のどの店でも同じです。

韓国系ナンバーワンと聞いてやや期待が大きすぎたのかもしれない。

レベルに関しては「人数が多いから色んな子がいる」がJOJOの評価。

 

韓国語対応できるこが圧倒的に多く、英語はぼちぼち、日本語ができる子はほぼいない。

持ち帰りの可否と同様に、対応言語については指名の時に聞けば教えてくれる。

指名した子は美人で雰囲気もよく日本語めちゃめちゃうまかった。

 

Bacchus(バッカス)遊ぶ時で遊ぶ時の注意点・知っておきたいこと

  • 予約した方が良い

平日でもほぼ満室になるとのことで予約推奨。

前日から予約可能とのこと。

特に週末は予約なしでは入れない。

日曜月曜なら比較的空いているので予約なしで入れるかも。

 

  • ベストな時間帯

選べる女の子が多いベストな時間は、以下の通り。

日曜〜木曜:19:00~19:30
金曜・土曜:18:30

JOJO
帰りにスタッフに聞いて教えてもらいました。

 

  • 女の子と一緒に店を出るのは厳禁

ハノイは取り締まりが厳しく、基本はホテルでの待ち合わせになる。

最近ホーチミンでも韓国系KTVが摘発されており、そのあたりは敏感になっている印象だった。

「店は関与していない」「あくまで客と女の子個人間のやり取り」というスタンス。

 

  • 日本語はほぼ通じない

韓国系の店で韓国人客が多いため、基本は韓国語かベトナム語。

スタッフと一部の女の子は簡単な英語が通じる。

日本語が通じる子はごく少数なので、日本語のみで遊びたい人はリンランの日系店に行った方がいい。

 

  • ジョイナーフィーなしで連れ込みOKのホテル

ベトナムのホテルはベトナム国籍保有者と未婚の男女が一緒にいることを禁止してる法律がある(?)とかで、連れ込みNGのホテルがある。特にハノイは厳しいことで有名。

また、ベトナムには小規模なホテルが多く、レセプションを通らずに部屋に行くことができない場合も多い(フロントで止められる)。

ミーディン地区のBlubiz hotelは問題なく連れ込みできたので参考にしてほしい。

JOJO
韓国人の知人に聞いたところ

Grace hotel
Blubiz hotel
K-business hotel
Rococo hotel

が連れ込みOKでそこそこおすすめとのことです。

 

  • 複数人と行くと圧倒的に楽しい

今回夜遊びサロンのハノイ在住メンバーと一緒に行って大正解だった。

ワイワイ飲む系の店、ゲームをする場合など、友達や同僚と複数人で行ったほうが圧倒的に盛り上がって楽しめる。

JOJO
夜遊びサロンは最近めちゃめちゃ活発で、海外在住のメンバーも多いです。

特にベトナムは在住メンバーが多く、日本からメンバーが遊びに行くと合流して一緒に遊んだりしてます。

海外で一緒に遊べて、普段からも交流できる、そんな関係を作りたい人はぜひ夜遊びサロン来てください!

↓夜遊びサロン詳細はこちら
https://jojosalon.fun/

 

明朗会計でコスパ良く飲んで遊びたい人におすすめ

気軽に遊べる本番店が少ないハノイで飲んでから連れ出しまでOKな点、料金のわかりやすさ、日系カラオケより安く遊べる点、女の子の数が100人超えなど、Bacchusのおすすめポイントはたくさんある。

日本語対応が不要な人、韓国人街まで行くのが面倒でない人にならおすすめできる。

逆に日本語対応必須だったり、ハノイの中心地、旧市街からアクセスが良いところで遊びたいならリンランの日系カラオケの方がおすすめ。

ハノイで飲んでコスパよく持ち帰りたい人は本記事を参考にBacchusを選択肢に入れてみてほしい。

 

JOJO
個人的に質問したい方はぜひ夜遊びサロンに来てください。

遊びの好みは人それぞれ、何が向いているかは実際に色々遊ばないとわかりません。

夜サロでは希望を言ってくれたら一人一人の好みや予算に応じてアドバイスできます。

僕以外にも現地在住や詳しい人メンバーがたくさんいるので、ぜひ夜サロで交流して自分に合ったオーダーメイドの情報をゲットしてしてください。

満足度が格段に高くなります。

 

↓夜遊びサロン詳細はこちら
https://jojosalon.fun/

 

 

 

ブログ未公開トーク含む完全書き下ろし!!

 

 

JOJOブランドのサプリを開発しました!!

 

 

モテたい人へ...JOJO監修除毛クリーム!!

 

 

 

まずこれを読め!全部自分で周った世界風俗ランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA