Tinderでマッチを増やすプロフィール写真の撮り方! 実例をたっぷり交えてモテる写真のコツを徹底解説

Tinderやってるけど、全然マッチしないな・・・

そんな風に感じたことはありませんか?

 

Tinderで女の子とマッチしない原因は、ただひとつ

プロフィール写真が悪いからです

 

どんな写真にすると女性がもっと「LIKE」してくれるのか?

実際に色んな写真を試しながら研究を重ねて、ある結論に辿りつきました

マッチングアプリでモテる写真は「彼女に向けるような自然な笑顔」です

 

ぼくは、プロのカメラマンにモテる写真のイメージを伝えて、実際に理想的な写真を撮影してもらいました

その結果、Tinderのマッチ数は激増

2~3日に1人くらいしかマッチしなかった状態が、現在は1日に最低でも3人、多い日だと10人以上の女性とマッチするようになりました。

5倍以上マッチ率が増えた計算です

これだけマッチ数が増えると、確実に会うことが可能になり、今では週1ペースで新規の女の子とデートしています

 

モテる写真のコツを詳しく知りたいと思いませんか?

この記事を読むと、マッチ数が増えるプロフィール写真の撮り方・コツを理解し、今より多くの女の子と出会えるようになります

マッチングアプリで最重要なのはプロフィール写真

マッチングアプリを使って出会いを求める上で、もっとも重要なのはプロフィール写真です

数あるマッチングアプリの中でも、特にTinder(ティンダー)では、マッチするかどうかは見た目の第一印象で100%決まります

ティンダーでマッチするかどうかに、プロフィール文章はほとんど関係ありません

女性は写真を見て、瞬時に左スワイプ(NOPE)か右スワイプ(LIKE)か判断しているからです

 

ブロフィール文章の書き方、女の子へのメッセージの書き方、一通目のメールはどう書けば良いのか・・・

いずれも最終的に女の子と出会うためには重要なステップです

ただ、マッチしないことには意味がありません

 

Tinderの他にも、男性会員有料のマッチングサービスはたくさんあります

  • Pairs(ペアーズ)
  • matching book(マッチングブック)
  • with(ウィズ)
  • omiai(オミアイ)
  • タップル誕生
  • marrish(マリッシュ)
  • ラブサーチ
  • youbride(ユーブライド)
  • ゼクシィ恋結び
  • ゼクシィ縁結び
  • エキサイトフレンズ
  • Yahoo!パートナー
  • Poiboy(ポイボーイ)
  • mimi(ミミ)
  • couplink(カップリンク)

・・・etc

これらのアプリの中には、年収・職業などの条件検索機能がついているものがあります。

その場合、プロフィール写真を見てもらう前に、女性の好みの対象外にされてしまう可能性があります

このようなマッチングアプリでマッチを増やすためには、プロフィール写真以外にも女性に好まれる条件設定が必要です

それでも、検索にヒットした中から女性が最終的に選ぶのは、好みのタイプの男性です。

マッチングまでのプロセスにプロフィール画像が最重要であることに変わりはありません

 

マッチしないダメな写真の例

あなたのプロフィール写真は、以下のいずれかに該当していませんか?

マッチしにくいダメなプロフィール写真の例を紹介します

 

  • 画像なし

論外

 

  • 顔なし・顔がわからない(スタンプ、モザイク、ぼかしなどで隠している)

顔がみえない → 左スワイプ(Nope)

 

  • 後ろ姿(絶景ロケーションなど綺麗な写真は有効な場合もあるが、メインのプロフィール写真としては不向き)
  • 複数人が写っている(どれがアカウントの本人かすぐにわからない)

どっちかわからない → 左スワイプ(Nope)

 

  • 女性と一緒に写っている

Tinderでなにを探してるの? → 左スワイプ(Nope)

 

  • 普通の自撮り(自分の部屋、洗面台で鏡に向けてとった雑な自撮り)

トイレで適当に自撮り。しかもマスクで顔がみえない → 左スワイプ(Nope)

 

  • (あなたがゲイの場合、または、ゴリゴリのマッチョで、マッチョ好きの女性を釣りたい場合には有効かも)

気持ち悪い → 左スワイプ(Nope)

 

  • プリクラ
  • 画像を加工しすぎ(スノーはやめましょう)

気持ち悪い → 左スワイプ(Nope)

 

  • 狙いすぎ、カッコつけすぎ(本人はキメてるつもりでも、女の子からするとキモい、寒いパターンが多い)

オシャレ感を出そうと斜めに撮っているが、見にくいだけ。遠くて顔がわからない → 左スワイプ(Nope)

スタジオで撮影したかのようなキメっぷり。やりすぎ → 左スワイプ(Nope)

典型的なキメすぎ。最近はタバコ嫌いな女性も多い → 左スワイプ(Nope)

 

  • 金持ち自慢(高級車と一緒、高級時計をアピールなど。マッチしないか、金狙いのバカ女が寄ってくるだけ)

 

  • ペットの写真(本人とペットが一緒に写っているなら、2枚目以降の写真としてはあり)
  • こどもの頃の写真(見ず知らずの他人の幼少期に誰も興味はない)
  • 子供と一緒に写っている

あなた子供いるのにTinderやってるの?(自分のこどもではなくても勘違いを誘発) → 左スワイプ(Nope)

 

  • 写真が暗い(暗い写真はすごく多い!!!)

写真としては悪くないが、全体的に暗い。明るくすればおそらくマッチが増える惜しい写真

 

上記はいずれも、女性が「いいね」「LIKE」しない、つまりマッチしにくい写真の特徴です

あなた自身が女性のプロフィールをみるときに、どんな写真を嫌うか考えると、あてはまるものがいくつかあるでしょう

 

検索ターゲットを男性にしてアプリを使ってみるとわかりますが、「いいね」したいと思うような男性のプロフィール写真はすごく少ないです

実際に、Tinderで会った女の子に目の前でスワイプしてもらったこともありますが、ほとんどLIKEしていませんでした

LIKEしない理由は上記のとおり

 

例えば、あなたは顔がわからない女性のプロフィールに「いいね」したくなりますか?

顔写真は必須です

身バレしたくないなどの事情があって顔写真を載せられない男性は、女性の興味を引くプロフィール写真を選ぶように工夫する必要があります(顔の一部のみ隠す、後ろ姿だけど雰囲気がかっこいい写真を選ぶなど)

そうしないと、マッチ率は大幅に下がるでしょう

 

また、他人の写真を使っている人がいるという話をときどき耳にしますが、絶対にやめましょう

いざ会ってみたときにプロフィール写真とまったくの別人がきた場合、トラブルになります

 

以上、ダメなプロフィール写真の例を紹介してきましたが、ひとつだけ例外があります

それは「イケメン」です

どんなプロフィール写真を撮ろうと、あなたがイケメンならマッチする相手はいます

ベッドで枕に顔を埋めているこんな 気持ち悪い ショットでも、あなたが若いイケメンなら「かわい〜♡」と感じる年上女性とマッチすることでしょう

イケメン以外は絶対にNGな写真

 

非イケメンがマッチを勝ち取るには、良い写真を撮るテクニックが必須です

次の項で詳しく紹介します

 

モテるプロフィール写真とは? 撮り方のコツ

どういうプロフィール写真がモテるのか?

ぼくが研究してたどり着いた「いいね」「LIKE 」をより多く集める写真の条件は、以下のとおりです

  • 彼女に向けるような自然な笑顔
  • 顔がはっきりわかる。横顔よりも、まっすぐ(正面)か斜めが良い
  • 必ず自分のみが写ったもの
  • バストアップ(胸から上くらいが写った写真)がベスト
  • オシャレなロケーション(カフェなど)
  • 光の量が多く明るい
  • 清潔感がある(ひげや髪型をきっちり整える。無精髭はNG)
  • さわやかな雰囲気(笑顔、明るい写真など。加工・編集は適度な範囲に留める)

 

「この人とデートしたら、こんな風に笑うんだな」と女性に思わせるのがコツです

笑顔は最重要

顔がはっきりわかるもの写真を用意しましょう

イケメンである必要はありません。例えば、ぼくは女性から「イケメンですね!」なんてほとんど言われませんが、毎日しっかりマッチをゲットしています

あくまで「雰囲気かっこいい」でOKです

雰囲気は、服装、髪型、体型など自分側の努力と、背景、写真の加工・編集など写真の撮り方・技術的な部分でいくらでも演出できます

実物より写真の方が多少見栄えが良いくらいであれば、気にする必要はありません

ただし、写メ詐欺・風俗のパネマジのように、やりすぎには注意してください

 

モテるプロフィール写真の例

モテるプロフィール写真の例を以下に示します

なかなか良い写真がみつからず、1000人以上の男性のプロフィールをみて選びました

*あえてイケメンではない男性の良い写真を選んでいます

 

まさにデート中を連想させる写真

シンプルだけど笑顔が爽やかな写真

これも自然な笑顔。ひげを剃って清潔感を加えるとなお良い

自然な笑顔。サングラスなしで、顔をもう少しカメラに向けたら完璧。淡い光も良い。

 

共通しているキーワードは「彼女に見せるような自然な笑顔」です

伝わりましたか?

 

写真を撮るときの服装

マッチングサイト用の写真を撮るときは、服装にも注意が必要です

ぼくのオススメはカジュアル

ジーンズに無地のTシャツなど、シンプルなものにしましょう

ダボダボしたものでなく、かといって、ぴちぴち過ぎない、ちょうど良いサイズのものを選ぶと良いです

 

若者向けのメンズファッション誌に出てくるような、奇抜なものは避けましょう

人によっておしゃれの感覚は違うため、奇抜なファッションは万人受けしません

オシャレアピールしたい気持ちはわかりますが、無難なファッションにすることにより、マッチ数を確実に増やすことができます

オシャレなのかもしれないけど、万人受けしない例

 

マッチングアプリの種類によっては「スーツ」が有効です

ペアーズやomiaiなどの女の子の本気度が高い婚活アプリ、遊び相手よりも恋人を探している女性が多いアプリでは、「年収・職業」など仕事のイメージにつながるスーツにすると良いでしょう

 

2枚目以降の写真はどうする? 順番・組み合わせが重要

ここまで解説してきたのは、あくまで第一印象を植え付けるためのトップ表示されるプロフィール写真についてです

 

通常、マッチングアプリには複数の写真を載せることができます。そして、複数の写真を載せるとマッチ率が高くなることが、Tinderの研究結果に関する論文で明らかになっています

そのため、写真の順番(並び替え)や組み合わせが重要です

 

例えばTinderでは、6枚の写真をプロフィールに登録することができます

トップに表示されるメインのプロフィール写真は上記のとおり「自然な笑顔」にしましょう

残りの写真は、モテる写真と、趣味の写真を組み合わせるのが正解です

 

自分だけが写っている似たような写真を6枚並べるのやめましょう

「どれだけ自分のことが好きなの?」とナルシスト扱いされること間違いなし

 

トップの写真を除く5枚のうち、顔がはっきり確認できるものは1~2枚に留めて、残りは友人と一緒の写真や趣味の写真を選ぶと良いでしょう

 

オススメは、海外旅行(国内でもOK)、スポーツ(ダイビング、ゴルフ、フットサルなど)、アウトドア(トレッキング、キャンプなど)、ペットと一緒の写真など

特に旅行好きな女の子は多いため、海外旅行の写真は外すことがありません

 

具体例を以下に紹介します

 

実際に、ぼくは以下のような組み合わせ・順番でTinderのプロフィール写真を載せています

  1. メインのプロフィール写真
  2. 友人と写っているもの
  3. 趣味(海外旅行)
  4. モテる写真。笑顔
  5. 趣味(海外で山登り)
  6. 趣味(海外でサッカー観戦)

 

プロが撮影したモテるプロフィール写真に変えた結果

ぼくは、上記のモテる写真の条件・イメージを知人のプロカメラマンに伝え、わざわざ京都まで行って撮影してもらいました

「自然な笑顔」以外にも多くのパターンの写真を撮影

どんな写真が女性からのLIKEをもっとも集めるのか、プロフィール写真を入れ替えてながらマッチ数の変動を測定していった結果

仮説通り、一番マッチ数が多かったのは「自然な笑顔」でした

 

プロフィール写真変更前のマッチの数は、毎日せっせとスワイプして数日に1件程度。マッチする相手は、微妙な年齢や見た目の相手がほとんど

 

そして、プロカメラマンに撮影してもらったプロフィール写真に変えた結果・・・

 

マッチは劇的に増え、1日最低でも3人、平均で5~8人、多いと10人以上マッチするようになりました

写真を変える前と比較すると5倍以上増えています

 

Tinderには常にマッチしたけどメッセージを送っていない相手がズラリ

 

写真を変えてからマッチする相手は20代から30歳前後の女の子が中心で、見た目がかなりかわいい女の子もいます(当然ブスもいます)

 

自然な笑顔の威力は絶大で、女の子に褒めてもらうことも珍しくありません

看護師(25歳)

金融系OL(28歳)

 

これだけマッチ数が増えると、LINE交換やデートに持ち込むのは簡単です

今は毎週新規の女の子とデートしています

 

ぼくは現在、東京に住んでいます。人口が少ない地方だと、ここまでの効果は望めないかもしれません

 

素人には難しい! モテる写真を撮影するには良いカメラとテクニックが必須

ここまで読んで、どんなプロフィール写真がモテるか、お分かりいただけたかと思います

あなたはモテる写真の条件に当てはまる自分の写真をもっていますか?

ぼくは自分の写真をほとんど撮らないため、良い写真は一枚もありませんでした

良い写真がないなら、新たに撮影する必要があります

では、実際にどうやってモテる写真を用意したら良いか

 

モテる写真を撮るには以下の3つが必要です

  1. ある程度クオリティが高いカメラ
  2. 写真の撮り方・編集・加工のテクニック
  3. 撮影してくれる人

 

最近はスマホのカメラのクオリティがかなり上がっているため、スマホでも綺麗な写真を撮ることができます

ただし、撮影条件を細かく設定できないのがスマホの欠点です

 

例えば、背景をボカした写真は、被写体(あなた)に注目を集め、かつ柔らかい雰囲気を演出できるため、モテる写真にオススメです

しかし、スマホのカメラでボカしを強調したポートレート(人物の写真)を撮ることはできません

モテる写真にこだわるなら、クオリティの高いカメラが必要です

 

また、撮影条件や写真の編集にもコツがあります

明るさの調節、どういう範囲を切り取って撮影するか(構図)、背景をどれくらいボカすか(絞りの調節)・・・

撮影時の設定と、写真が不自然にならないような編集・加工には、特別なスキルが求められます

 

さらに、写真を撮影してくれる人が必要です

自撮り・セルフィーは基本的にNG

自然な笑顔でバストアップ、良いロケーションで写真を撮るのは、自撮りではなかなか難しいもの

自撮り棒が写り込むのはカッコ悪すぎるので、絶対に避けましょう

モテる写真を撮影するには、誰かに撮影を頼む必要があります

この写真は自撮り。おそらく、カメラは良いものを使って、広角(広い範囲を写す)で撮影しているため、ある程度良い感じに仕上がっています。スマホのインカメラではここまで背景がボケません

 

以上3つの理由から、写真に詳しくない素人には、モテる写真の撮影は難しいといえます

 

ではどうやって写真を用意すればいいのか?

これらの条件をすべて満たすのが、プロのカメラマンです

 

プロカメラマンに撮影を依頼するメリット

ぼくのオススメはプロカメラマンに撮影してもらうことです

プロに撮影を依頼するメリットは以下の2つ

 

1. プロならではのカメラと撮影・編集テクニック

上述したとおり、モテる写真を撮るには良いカメラと撮影時の設定、撮影した後の加工・編集のテクニックが必要です

当たり前ですが、プロカメラマンであれば、間違いなくクオリティの高いカメラをもっています

オート設定でなんとなく撮った写真と、細かく条件を設定して撮った写真には雲泥の差があります

また、トリミング(写真の切り取り)、露出(明るさの調節)、彩度(色合いの調節)など、写真に慣れていない素人が写真を加工・編集するのは難しいものです

加工しすぎて不自然に見える残念な写真をよくみかけます

自然にみえる範囲内で最大限に被写体(あなた)の良さを引き出すのが、プロカメラマンの仕事です

プロカメラマンに「こんな写真を撮りたい」と実例をみせておけば、それに近いイメージの写真を必ず撮影してくれます

 

2. 知人にモテる写真の撮影を頼むのは恥ずかしい

あなたには、写真が趣味の知人がいるかもしれません。写真が趣味であれば、良いカメラも撮影・編集技術もあるでしょう

観光地など撮影を頼むのが自然な場所にたまたま一緒にいて「写真撮って!」とお願いすることは簡単です

でも「マッチングアプリでモテる写真を撮ってほしいんだけど・・・」と正直に相談できる関係の知人は少ないのではないでしょうか

「この角度で!」「あ、もっと明るくもう一回とって」「ごめん、そうじゃなくて・・・」と指示しながら、ポーズをキメて撮影を繰り返すのは、友人関係ではなかなか気まずいもの

細かく指示することを悪いと感じてしまうと、妥協した写真しか手に入りません

それでは目的とするマッチ数の増加が望めないかもしれません

 

同じマッチしないという結果でも、自分が納得行く写真でマッチしないのと、妥協してしまった写真でマッチしない

 

上記のモテる写真の条件を理解しているプロカメラマンであれば、余計な心配をせずに撮影を依頼し、より良いプロフィール写真をゲットできます

 

以上のように、スキルと経験のあるプロに撮影を任せるのが、モテるプロフィール写真を撮る一番良い方法です

実際に、ぼくは世界放浪の旅中に知り合ったプロカメラマンに頼んで写真を撮影してもらいました

そして、「マッチ数が5倍以上増加」という結果がでています

 

あなたが若いイケメンであれば、適当な自撮りでも十分でしょう

見た目に自信がない人はプロカメラマンに撮影依頼するのがベスト

ぼくもそのひとりです

 

 

【東京・京都(大阪)】モテる写真を撮影してくれるプロカメラマンを紹介

最後に、実際にモテる写真を撮影してくれるプロカメラマンを紹介します

以下の2人は、どちらもぼくが世界放浪中に出会ったプロカメラマンの旅友達です

 

カメラマンのプロフィール

名前:宮本万平

プロフィール:東京のカメラマンの元で修行後、写真を撮りながら世界中を放浪。現在は京都在住。会社に所属しながら物撮りなどを中心に、CDジャケットやwebsite用に写真を提供するなど活動中。

一言コメント:グルジアの首都トビリシにてJOJOさんと会って意気投合。JOJOさんのプロフィール写真はぼくが撮影しました。自然な姿を撮れるように楽しみながら撮影していければと思います。よろしくおねがいします!

Website: http://mampei0112.wixsite.com/bluevoyage

撮影可能な場所:京都(大阪希望の場合は要相談)

撮影可能な曜日:水曜・日曜(日曜は要相談)

実際にぼくのプロフィール写真を撮影してくれたのが宮本さん! ぼくが使っているプロフィール写真とまったく同じ構図での撮影が可能です。パッと見は強面だけど、話してみると気さくな良い人です。笑  by JOJO 

 

名前:もとなり

プロフィール:東京在住のフリーのフォトグラファー。雑誌やニュース、広告PRの撮影が専門。Yahooニュース特集やクーリエ・ジャポンなどにも写真を提供しています。

一言コメント:JOJOさんとはブラジルのリオで友達になりました。リクエストなどあればなんでも気軽に言ってくださいね!よろしくお願いします m(._.)m

Website:http://www.motonaritagawa.com/

撮影可能な場所:東京

撮影可能な曜日:要相談

もとなりさんには、宮本さんに撮影してもらった写真を見せながらモテる写真について直接説明し、理解してもらっています。写真のイメージ通り、物腰のやわらかい優しい青年です。 by JOJO

 

 

撮影料金

撮影のみ:40,000円(税込)

*大阪の場合:カメラマンが京都から出張するため+5000円

現地で撮影のために移動する際の交通費、カフェで撮影する際のコーヒー代などは、別途ご自身にて負担いただきます

 

撮影+プロフィール添削:80,000円(税込)

マッチした後、メッセージのやりとりをして実際に会うためには、プロフィールの文章が重要です

希望される方については、写真撮影に加えてプロフィールの添削をします

大阪の場合の出張費、現地移動の交通費などの条件は撮影のみの場合と同じです

 

高すぎだろっ!と思った方。ちょっと冷静に考えてください。プロに個人撮影を依頼するならお金はそれくらいかかります。

良いプロフィール写真があれば、色々なマッチングアプリで使いまわせます。

また、マッチングアプリではない通常の出会い系サイトの写メ交換にも使えます。写メ交換後に連絡がとれなくなる確率が、いまより確実に低くなるわけです。

今後数年にわたって素人の女の子と出会える(=ヤレる)チャンスが増えることを考えると、40,000円の投資は決して高くないと思いますよ by JOJO

 

撮影の流れ

問い合わせ(希望日程をできれば複数・午前/午後などの時間帯を含めてご連絡ください)

カメラマンと直接メールのやりとりして、日程・撮影場所を合意

予約金をPaypalで支払い(予約金:撮影のみ 14,000円、撮影+プロフィール添削 54,000円)

支払い確認をもって予約完了

(ここから当日)

カメラマンと待ち合わせ

残金をカメラマンに現金で支払い(残金:26,000円、大阪の場合のみ31,000円)

撮影

写真の選択

撮影終了・解散

選択した写真をカメラマンが編集し、メールにて納品

 

 

Q&A

撮影の所要時間はどれくらい?

待ち合わせから撮影終了まで、約2~3時間ほどです。撮影後に予定がある場合などは臨機応変に対応しますので、カメラマンに事前に伝えてください

写真は何枚もらえるの?

撮影したもの中からお気に入りの写真をカメラマンと一緒に選んでいただき、約10枚を目安に納品します。撮影状況によって、多少変動する可能性がありますのであらかじめご了承ください

撮影から納品までの期間はどれくらい?

撮影から1週間以内に納品します

予約金を先払いするのが不安です

紹介するカメラマンの身元ははっきりしており、顔も出しています。いずれもぼくが信用している友人です。事前の連絡なしに当日カメラマンが来ないなどということは、急なトラブルがない限り絶対に起こりません。

ぼくのことを信用できない方は、過去に海外でガイド案内した実績とお客様からの感想Twitter(@WORLD_SEX_TRIP)などをご覧の上で判断してください

マッチの数は必ず増える?

上記のマッチ数は、あくまでぼくが試した結果です。当然、結果には個人差があります。撮影はマッチ数増加を保証するものではないことをご理解の上で応募してください

ブサイクなんだけど、わざわざプロに撮影してもらう意味ある?

そのままの写真よりプロが撮影した方がはるかにマシです。あなたがブサメンであっても、カッコいい雰囲気は、カメラマンの技術やロケーション、あなたのファッションや髪型で演出することができます。素人の女の子とデートしたいなら、試してみる価値は十分あると思います

 

まとめ

  • マッチングアプリで一番重要なのはプロフィール写真。女性は写真をみて瞬時に判断している
  • マッチを増やすプロフィール写真のコツ:彼女にみせるような自然な笑顔。「この人とデートしたら、こんな風に笑うんだな」と女性に思わせる
  • プロカメラマンが撮影したモテる写真に変更したらマッチが5倍以上増えた
    • 【変更前】数日に1人 → 【変更後】1日最低でも3人、平均で5~8人、多いと10人以上
  • モテる写真を撮影するには良いカメラとテクニックが必須。素人には難しい
  • 撮影をプロカメラマンに頼むメリット
    • プロならではのカメラと撮影・編集テクニック
    • 知り合いにモテる写真を撮ってもらうのは恥ずかしい

 

東京、京都(大阪)でモテる写真を撮影してくれるプロカメラマンがいます

費用は40,000円(税込)です

3 件のコメント

  • アホか! 4万あればソープいけるわ!
    出会い系で男を漁るような精神の小汚い売女に魅力なんてあるかボケ!
    男が女に媚び売るなんてアホやろ!
    札束で女を引っ叩くのが正義やで!
    資金力がしょぼいなら海外風俗行くのが正解なんや!

  • とは書きつつも、ほとんど冗談です。
    記事のクオリティの高さには驚きました。
    次回の更新楽しみにしてます。

    • ありがとうございます!

      ソープの一発より、将来素人と何回もセックスできる可能性を考えると、4万円はそんなに高くない投資だと思ってます!

      良い記事をかけるように精進します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA