チェンマイの知ってる風俗を一晩で全部まわってみた

こんにちは!

恥ずかしながらタイではバンコク・パタヤしか行ったことがなかったJOJOです。
>>JOJOのプロフィールはこちら

知人からコムローイ(ランタン祭り)に誘われて、初めてチェンマイに行ってきました。

それならついでにチェンマイの風俗も調査しよう!

ってことで、一晩でどこまでチェンマイの夜遊びスポットをまわれるか試してみました。

 

チェンマイの主要夜遊びスポットをまわってみた結論を先に書いておきます。

【チェンマイ風俗調査の結論】

  • チェンマイは夜遊び目的で来る街ではない
  • 夜遊びは一通りある
  • 可愛い女の子は少数いる
  • チェンマイの街全体の物価は安いが、夜遊びの物価はそこまで安くない(バンコク・パタヤとの比較)

 

この記事では、旅行者がフラッといけるチェンマイの風俗・夜遊びスポットの場所、料金、女の子の数やレベルをJOJOの視点で評価し、まとめて紹介します。

チェンマイで初めて夜遊びする人向けの記事です。

チェンマイ風俗の概要

まず初めにチェンマイ風俗の概要を紹介する。

チェンマイにある風俗は以下の通り。

  • マッサージパーラー
  • ゴーゴーバー
  • カラオケ
  • バービア
  • エロマッサージ
  • 立ちんぼ
  • メンズスパ
  • マッチングアプリ(フリーランス嬢)

 

ジャンルはそこそこ多いが、まず大前提としてチェンマイの夜遊びはバンコクやパタヤとは比べものにならないほどしょぼい。

「夜遊びも一応ある」という言い方がしっくりくる。

チェンマイの夜遊びに決して期待してはいけない。

夜遊び目的で来るのではなく、なにか他に用事があってついでに夜も遊ぶくらいの感覚でちょうど良い。

 

チェンマイの夜遊びスポットは旧市街(お堀の中)の東側に偏っている。

 

その中心はロイクロ通り(Loi Kroh Rd)

バービア、エロマッサージ、立ちんぼが集まっていて、毎晩観光客で賑わっている。

 

チェンマイの街全体の物価はバンコクと比べて安いが、夜遊びの値段はそこまで大きく変わらなかった。

 

JOJO
今回調査したのは観光客が一年で一番多くチェンマイに集まるコムローイの時期だったため、普段より高い値段を提示された可能性もあるので注意

 

また、タイでは美人の産地として有名なチェンマイだが、夜遊びスポットも一般女子も含めて、JOJOの感想は「そーでもないな」と。

肌が白い中華系の女の子はバンコク・パタヤよりも少し多い気はするが、特別可愛いこが多いとは感じなかった。

 

全体的にパッとせず、正直、特に良いところが見つからないのがチェンマイ風俗の印象だ。

 

19:20(調査開始)マッサージパーラー(MP)

さて、ここからチェンマイ風俗調査の様子を紹介していく。

まずはマッサージパーラー(MP)から調査開始。

事前にピックアップしたMPは以下の3つ。

 

  • Pandora(パンドラ)
  • SAYURI Complex(サユリ・コンプレックス)
  • Celebrities Shower Massage(セレブリティーズシャワーマッサージ)

 

Celebrities以外のMPは街中から離れているため、何らかの交通手段が必要だ。

これから色んなスポットを廻るのに毎回タクシーは面倒。

Grabは割高。

ソンテウは料金交渉が必須でしかも高いので嫌。

というわけで、JOJOが選んだのはシェア自転車。

後述するが、チェンマイの移動にシェア自転車はめちゃめちゃ便利。

 

JOJO
MPはタクシーやトゥクトゥクで行くとコミッションを乗せられて料金が上がってしまう恐れがあるので気をつけよう

 

出発!

 

19:40 Pandora(パンドラ)

まずは街中から一番遠いパンドラに向かった。

ターペー門(お堀の東端の有名な門)から2kmほど東にあり、結構距離がある。

 

めちゃめちゃ暗い路地にひっそりと佇むPandora。

Pandoraの外観

 

ひな壇に座っている女の子は12人。

番号の色で値段が分かれていて

  • 赤:2000バーツ(約7000円)
  • 黄:2300バーツ(約8000円)

 

チェンマイっ娘なのか、肌はみんな白いが、残念ながらブス多め。

黄色でひとりだけ行けそうなこがいた。

*あくまでJOJO基準です

 

PandoraのMP嬢

 

客は1人だけしかおらず、寂れた雰囲気の店だった。

 

JOJOの評価・オススメ度:
★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)

営業時間:15~25時

 

20:00 SAYURI Complex(サユリ・コンプレックス)

Pandoraの次に向かったのは、サユリコンプレックス。

コンプレックスというだけあって、広い敷地。

SAYURI Complex(サユリ・コンプレックス)の外観

 

駐車場には車がたくさん停まっている。

 

いくつかドアがあるが、MPの入り口は階段正面のこのドア。

 

タイ人客が15人ほどいて、店内はなかなか賑わっている。

 

ひな壇の女の子の数は13人。

 

2~3人選べるな・・・

モデルクラスのサユリ嬢

 

が、値段を聞いて驚いた。

 

  • 事前に調べた情報:1200-1500バーツ(4200-5250円)の2段階
  • 現地で確認した料金:2200-2500-3000バーツ(7700-8750-10500円)の3段階

 

いくら何でも違いすぎる。

コムローイ時期だったし、期間限定のバケーション価格かな・・・

 

JOJOの評価・オススメ度:
★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)

女の子のレベルだけなら★5/10だったが、謎の料金設定だったのでマイナス★1

 

営業時間:12~24時

 

なお、併設されているカラオケは営業してなさそうだった。

 

20:20 Celebrities Shower Massage(セレブリティーズシャワーマッサージ)

3つのMPの中で一番街中から近い場所にあるセレブリティーズ。

ナイトバザールから東に200mほどの場所にある。

セレブリティーズの外観

 

セレブリティーズは、コンシア(店のスタッフ)がしっかりしていて良かった印象。

日本語も少し通じるし、英語もOK。

 

料金:1600-1900バーツ(5600-6650円)の2段階

 

ひな壇にいた女の子は9人。

セレブリティーズのMP嬢

若くて可愛いこいる! 1人ダントツで良い!

バンコクのMPでもこの値段なら即決するレベル(★7/10)だ。

 

他の女の子も含めた平均レベルで言うと★5/10ほど。

女の子は最大で20人いるとのこと。

 

JOJOの評価・オススメ度:
★★★★★★☆☆☆☆(6/10)

 

営業時間:13~25時

 

チェンマイのマッサージパーラー結論

昼間から遊びたい場合、MPがまず第一候補になる。

今回訪れた中ではCelebrities Shower Massage(セレブリティーズシャワーマッサージ)がダントツで良かった。

街中から近く立地が良いため、まずここにきて選べなかったら他をのぞいてみるのがいいだろう。

 

日本人カラオケ

バンコク同様、チェンマイにも日本人向けのカラオケがある。

場所はロイクロ通りのバービア密集地隊から南東方面にあるスリドンチャイ通り(Sridonchai Rd)。

JOJOが現地で確認した店は以下の3件。

 

  • Sakura(サクラ)
  • Namiki(並木)
  • Miyuki(ミユキ)

 

20:30 Sakura Karaoke(サクラカラオケ)

まずSakura(サクラ)に向かった。

たまたま外に出てきたママさんに出迎えられて店内へ。

Sakura(サクラ)の外観

 

コムローイだからか、店内は混雑してる(もしくは女の子の出勤が少ない)様子で、「ちょっと待って」とママさん。

 

女の子の出勤は全部で15人。

ぱっと見そんなに悪くなさそうだ。(暗くてちゃんと見えなかっただけかも・・・)

Sakuraのカラオケ嬢

 

少しするとママさんが戻ってきて色々説明してくれた。

英語は上手で説明もかなりしっかりしている。

安心して飲めそうな印象。

 

【料金システム】

  • 女の子チャージ:280バーツ/時間(980円)
  • ママさんチャージ:280バーツ(980円) ←謎の料金
  • レディードリンク(LD):150バーツ(525円)
  • 連れ出し(お持ち帰り)
    • 店で飲んだ場合:2000バーツ(7000円)
    • 店で飲まずに連れ出す場合:2800バーツ(9800円)
    • 連れ出しNGの女の子もいるため、ママさんに要確認。必ず連れ出したいなら飲む前に聞いた方が良さげ

 

JOJOの評価・オススメ度:
★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)

 

20:45 Namiki Karaoke(並木カラオケ)

Sakuraから西に100mほどの場所にあるNamiki(並木)。

Namiki Karaokeの外観

 

なぜか店の前のテーブルで女の子が食ったり飲んだりしていた。

様子を見ながら店の前を通っても、声をかけてこない。

 

コムローイで稼ぎ時なのに営業してないのかな・・・

 

いずれにしても、女の子は年齢・見た目ともにかなり微妙だった。

料金は確認できず。

 

JOJOの評価・オススメ度:
★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)

↑女の子の見た目だけの評価

 

20:50 Miyuki Karaoke(ミユキカラオケ)

上手な日本語でママさんが出迎えてくれたMiyuki。

場所は並木とサクラの中間あたり。

Miyukiのママさん

 

「料金は?」と聞くと、連れ出し料だけ教えてくるママさん。

 

飲みの料金から説明しないんかいw

 

女の子のトータル人数は20人ほどいるらしいが、視界に入った3人は全員やばいレベル

 

Miyukiのカラオケ嬢

 

【料金システム】 *サクラとだいたい同じ

  • 女の子チャージ:200バーツ(700円)
  • 部屋代:150バーツ(525円) ←1Fのラウンジ利用なら無料
  • 連れ出し料:
    • ショート2000バーツ(7000円)
    • ロング3000バーツ(10500円)

 

JOJOの評価・オススメ度:
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3/10)

 

チェンマイのカラオケ結論

どの店もほとんど差はなし。

強いて言うならサクラが一番しっかりしてそうな印象だった。

 

ゴーゴーバー

カラオケの次に向かったのはゴーゴーバー。

バンコクやパタヤのようなゴーゴーバー密集地はないが、チェンマイには3件のゴーゴーバーが点在している。

  • Spotlight(スポットライト)
  • Foxylady(フォクシーレディー)
  • Star xix(スターシックス)

 

21:10 Spotlight

spotligtの外観

最初はSpotlight。

旧市街の東側にあるターペー門から200~300mほど北方向にある。

 

どうせ場末のゴーゴーバーだろうな・・・

 

そう思って店内に入ると

 

あれ・・・

 

結構ちゃんとしてる。

 

Spotlightのゴーゴー嬢

 

女の子は15人ほど。

レベルは微妙かなーと思いきや、後からステージに上がってきた女の子たちが予想外に良い。

 

平均レベルで★5-6/10。

★7/10レベルが2~3人。

 

全然やれる。いや、むしろお願いしたい。

 

客層はファラン多め。

アジア人もちょいちょい入ってくる。

 

店は空いてるのでじっくり選べるし、ドリンクの催促もうるさくないのでゆっくり飲める。

盛り上がってはいないが、ゆっくり飲みたい人には良いゴーゴーバーだろう。

女の子は一切アピールしてこないので、ノリが良い女の子が好きな人にとっては物足りないかも。

 

【料金】

  • LD:150バーツ(525円)
  • バーファイン:800バーツ(2800円)
  • ショート:3000バーツ(10500円)

 

上記はママさんの言い値。

「ショート2000って聞いてるけど?」と聞いてみると「あとは女の子と話してくれ」とのこと。

 

JOJOの評価・オススメ度:
★★★★★★★☆☆☆(7/10)

チェンマイでまわった夜遊びスポットで一番女の子のレベルが高かったのがここスポットライトだった。

 

可愛い子がいたので隣に呼んで、20分ほどイチャイチャしてから次の店に移動。

 

22:00 Foxylady(フォクシーレディー)

続いて向かったのはFoxylady(フォクシーレディー)。

場所はナイトバザールのすぐ近く。

 

店はやや小さめ。

店のテラスで談笑するファランと嬢+ママさん

 

店内の女の子は10人ちょい。

Spotlightよりもレベルは低い。

ただ、女の子のノリはSpotlightよりもFoxyladyの方が良さげだ。

 

ニコニコしてるこが多い。

Foxyladyのゴーゴー嬢

 

「イッショニカエル〜」

と日本語で激しいアピールをしてくる嬢もいた。

 

【料金】

  • バーファイン:700バーツ(2450円)
  • ショート:3000バーツ(10500円) ←言い値なので交渉可

 

JOJOの評価・オススメ度:
★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)

 

22:25 Star xix(スターシックス)

ロイクロ通りのバービア群の向かい側にあるStar xix(スターシックス)。

Star xixの外観

 

この店、場末感がやばい。

ローカルと思しき客と戯れるStar xix嬢。

 

 

ドリンク料金はなぜか先払い。

ソフトドリンクなのに150バーツ。 ←他の店より高い。と言うか軽いボッタクリ?

女の子が目の前でちょろっと踊って「チップよこせ」とうるさい。

 

残念な女の子ばっかりでしかもがめつく、スターシックスには良いところ1つもなし。

値段を聞く気も起きず、5分で退店。

 

JOJOの評価・オススメ度:
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2/10)

 

スターシックスの良いところ1つあった! ケツ!

 

チェンマイのゴーゴーバー結論

チェンマイでゴーゴーバーに行くならSpotlight(スポットライト)で間違いない。

Star xixは行く価値一切なし。

 

 

MP、カラオケ、ゴーゴーバーと調査を終えて、ここからチェンマイ夜遊びスポットの中心地・ロイクロ通りを歩いてみた。

 

22:40 エロマッサージ

ロイクロ通りにはマッサージ店が点在している。

エロマッサージといってもバンコクのセックス込みのエロ特化マッサージとは違って、健全マッサージ+部屋の中で交渉するタイプのもの。

マッサージの値段は200~300バーツ(700~1050円)ほど。

 

ロリ系の嬢が話しかけてきたのでサービス内容と料金を確認。

言い値はオイルマッサージ+手コキで1000バーツ(3500円)

手コキ以上はなしだと。

 

オイルマッサージの値段は300バーツなので、手コキで+700。

バンコクのフェラチオバーが700~800バーツなのでやや高い。

交渉すれば多少は下がりそうな感じだった。

 

事前に調べたら1000バーツでスペシャル(セックスまで)という情報があったが、相当古い情報か、もしくはよほど交渉上手でない限りその金額にはならないだろう。

 

セックスにこだわらない人で、好みの女の子がいれば入ってみるのもアリ。

 

JOJOの評価・オススメ度:
★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)

 

22:45 立ちんぼ

ロイクロ通りを歩いてると、ポツポツと暗がりに女の子が立っている。

 

 

全てレディーボーイだ。

チェンマイのレディーボーイ立ちんぼのクオリティは相当低い。

全部で10人くらい見たが、全員男感が強く残っていた。

 

 

【料金】

  • フェラ抜き:200バーツ(700円)
  • セックス:500バーツ(1750円)

 

JOJOの評価・オススメ度:
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2/10)

安いけど、かなり厳しいレベル。

見た目にこだわらず、とにかく安く抜きたい人なら・・・

 

23:00 バービア

ロイクロ通りのバービア密集地にやってきた。

ここに10~15件くらいのバービアが固まっていて、他にもロイクロ通りにバービアが点在している。

 

密集地の中はこんな感じ。

通路の両側にバービアがずらり。

 

歩いていくと勧誘がかなりしつこい。

 

手を掴まれて

 

すごい力でグイグイ引っ張る。

 

強引な勧誘が苦手な人は、この密集地は避けた方がいいかも。

 

JOJO
ぼくはゆっくり選びたいので強引な勧誘は大嫌いですw

 

勧誘を振り切って往復して、一番好みの子がいるバービアにin。

 

真っ白な23歳。

写真だとわかりませんが真っ白です

 

英語が苦手なのでgoogle翻訳を使いながら会話。

 

話してみたら4歳の子供がいると。

このこなら全然ありだな・・・

父親とはすでに別れたって。

 

お金の話題になって給料システムについて聞いてみると、レディードリンク1杯で50バーツ(175円)のバックがもらえるだけで、時給のようなものはないと。

「そりゃ大変だ。お客さんと外行かないの?」 ←ペイバーできるのか遠回しに確認

「私は行かない」

 

まじか。

連れて帰りたいんだけどな・・・

 

残念そうな顔をしてると、

「今日は友達の誕生日でパーティするからだめだけど、明日来てくれたら行ってもいいよ」って。

 

結局行くんかいw

 

しばらく話して退散。

 

【料金システム】

レディードリンク:メニューのドリンク料金+50バーツ(175円)

連れ出し:不明

 

JOJOの評価・オススメ度:
★★★★★★☆☆☆☆(6/10)

飲むだけなら安いので全然あり。

ペイバーの有無は嬢次第なので、セックス目的ならMPかゴーゴーに行った方が話が早い。

 

レディーボーイ専門バービア・Friends corner

ロイクロ通りを歩いていると、他と雰囲気が違うバービアが一軒だけある。

名前は「Friends corner」

レディーボーイ専門のバービア。

 

ものすごい低レベルなLB立ちんぼをみたすぐ後だからか、「割と可愛いこいるな・・・」と感じてしまった。(たぶん錯覚)

バンコクのハイレベルなLBゴーゴー嬢とは比べ物にならないほどレベルが低い。

 

0:10(調査終了)締めのタイラーメン

調査開始から4時間半。

目的の風俗調査は終わり。

 

は、腹減った・・・

 

0時すぎると空いてる店が全然ないチェンマイ。

ウロウロしてようやく見つけた適当な屋台で飯。

 

そしたらバチボコうまいタイラーメンだった。

クリアスープの塩味。

具は豚と団子で、太い米の麺。

オススメです。

場所はナイトバザール近くのロイクロ通り沿い。

*詳しい場所はマップ参照

 

0:15 調査終了

 

と思いきや、帰り道でなにやら賑わっているスポットを発見。

 

0:25 旧市街のクラブ・バー

夜になるとチェンマイの旧市街は静かになるが、バーとクラブが何軒か連なっている一画がある。

 

すげー人。

 

旧市街で唯一の夜遊びスポットかも。

健全旅行者らしき欧米人の若者と、外国人との交流に興味がありそうなタイ人が飲みにきている。

 

残念ながら24時で閉店らしく、既に店はやっていない。

それでも店の外でワイワイガヤガヤ若者が溜まってた。

 

キョロキョロしながら歩いてみたが、ここは売春婦はいなそう。

ナンパ目的で来るにはいいかも。

 

これで本当に調査終了!

 

【調査したスポット】

  • MP:3
  • カラオケ:3
  • ゴーゴーバー:3
  • 立ちんぼ
  • エロマッサージ
  • バービア
  • クラブ

移動距離:11.7km(チャリのみのデータ。歩いた区間もあるので、実質もっといってるはず)
消費カロリー:809kcal  ←結構すごいw

 

さて、一日でどこまでチェンマイの風俗をまわれるかの調査は終わったが、後日行ってみた場所とマッチングアプリのフリーランス嬢に関する情報を以下に紹介する。

 

メンズスパ・Mossa hue spa

お堀の南側にあるマッサージ店・Mossa hue spa。

情報によると「メンズスパ」だと。

 

Mossa hue spaの外観

 

店に入ってみると、超やる気ない恰幅の良いねーちゃんが迎えてくれる。

ドラえもんと顔の形が同じ

 

サービスを確認すると「手コキのみ」

料金は2000バーツ(7000円)と2500バーツ(8750円)(モデル)の2段階。

 

手コキでその値段、強気すぎないかい?

 

それだけ可愛いこがいるのか気になって女の子を見たいと頼むと、「お金を払わないと見せない」って。

このときの出勤は3人のみ。

リスキーすぎる・・・

 

見てみないことにはなんとも言えないが、もっと安い値段でMPで遊べてしまうだけに、相当レベルが女の子+良いサービスでない限り割に合わないと感じてしまいそうだ。

 

マッサージ偽装置屋

インペリアルメーピンホテルの横、カンパンディン通り(Kampangdin Rd)沿いに怪しいマッサージ店がいくつかある。

この辺りは昔置屋があったらしく、今でもその名残で置屋が残っているとの噂。

 

これが疑惑のマッサージ店。

 

年増のおばちゃんが店先に座っている。

若い子を揃えて道行く外国人に声をかける他のエロマッサージ店とは明らかに雰囲気が異なる。

 

一緒にいた人がタイ語で話しかけたところ、警戒されたのか「No」と言われてしまったが、おそらく置屋だと思われる。

ババアばかりで、可愛いこ・若いこは皆無

決してオススメしないが、ロイクロ通りから近いので興味がある人はのぞいてみると良い。

 

なお、インペリアルメーピンホテルからみてカンパンディン通りの北方向にもロイクロと同じようなエロマッサージが何軒かある。(場所はMAP参照)

話してみたら本番OKのこもいたので、こちらも一見の価値あり。

カンパンディン通りのエロマッサージ嬢

 

マッチングアプリ売春(Tinder・Badoo・Tantan)

タイで定番のマッチングアプリ売春はチェンマイでも活発。

Tinder、Badoo、Tantanと3つのアプリを並行して使ってみたが、Tantanに特に可愛い女の子が多かった。

こんな感じのこ。会ってないから本物が来るか知らんけどw

 

一字一句同じテンプレメッセージが送られてくるので、エスコート業者が組織的にやっているのかもしれない。

 

チェンマイ夜遊びマップ

本記事で紹介している夜遊びスポットを地図にまとめた。

 

JOJO
調査終了後に食べたタイラーメンの他、JOJOが実際に食べて美味しかったオススメの飯屋も載せてるので、興味があれば行ってみてください!

 

チェンマイで夜遊びする前に知っておきたい注意点

チェンマイは夜遊びメインで来る街ではない

気候の良さ、お寺、おしゃれなカフェ、安い物価・・・

海外ノマドに大人気のチェンマイは居心地が良く、長期滞在に適している。

夜遊びは一通りあるが、控えめなので、他に目的があってついでに夜遊びするのがちょうどいい。

 

ちなみにJOJOは今回、コムローイを見るために来た。

チェンマイの街全体が昭和の夏祭りのような雰囲気で、かなり良かった。

 

チェンマイの移動

バンコクのように広くはないが、歩いてまわれるほど狭くもないチェンマイ。

ロイクロ通り近辺だけなら歩きでもOKだが、MP(セレブリティーズ以外)に行くならなんらかの交通手段が必要になる。

ソンテウ、トゥクトゥク、Grabタクシーの選択肢があるが、いちいち料金交渉が必要で面倒なのと、Grabは割高。

Mobikeというアプリを使ったシェア自転車が超便利で安いのでオススメ。

この記事がMobikeの使い方をわかりやすく解説してるので参考にどうぞ

>>mobike(モバイク)のレンタル方法!【チェンマイ自転車シェアリングが便利すぎ!】

 

ボッタクリに注意

綺麗な女の子とトゥクトゥクのコンビで客引きしてくるボッタクリがいるとの情報あり。

連れて行かれた店で飲むと、数万円レベルの請求がくるとのこと。

正直、こんな怪しい客引きについていかないのは常識だが、念の為注意喚起しておく。

 

JOJOの滞在中、女の子とトゥクトゥクのコンビは見かけなかったが、トゥクトゥク親父がエロチラシをもって客引きしていた。

 

チェンマイで夜遊びを楽しむための戦略

最後に、チェンマイで夜遊びを楽しむためのコツをまとめる。

  • チェンマイの夜遊びに期待しない
    • バンコク・パタヤとは比べ物にならない
    • 噂ほど美人は多くない
    • 夜遊びの物価はそんなに安くない
  • 可愛い子と遊びたい → Spotlight(ゴーゴーバー)、Tantan(マッチングアプリ)
  • 安くセックスしたい → セレブリティーズ(MP)
  • ワイワイ飲みながら遊びたい → ロイクロのバービア密集地
  • とにかく安く遊びたい(質は問わない)→ レディボーイ立ちんぼ

 

この記事で紹介したスポット以外にもローカル系の遊びはバービア・カラオケを中心にまだまだありそうだ。

ただ、ローカルスポットはタイ語必須。

観光客がサクッと遊ぶなら本記事の内容で十分なはず。

チェンマイに行く機会があれば参考にしてほしい。

 

 

 

YouTube始めました!! ブログに載せない動画満載です!!

 

【バンコク・プノンペン・ティファナ・サンパウロ他】夜遊び専門日本人ガイド紹介します!!

 

 

2019年もまだまだ使える!! 日本で変態女子を探せるオススメ出会い系ベスト3!!

この3つのサイトは、いずれもぼくが実際に使ってエロいをセフレをゲットした出会い系サイトです

PC MAX(R18)

【高評価・おすすめポイント】

  • アクティブユーザー(実際にサイトを使っている会員)が多いことで有名
  • 「大人の出会い=セフレ」目的の女性が多い
  • ぼく個人が一番安定してセフレをゲットしていたのがPC MAX

↓お尻の綺麗な35歳どエロ人妻を釣ったのはPC MAX

img_2633 出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

なお、PCMAXは登録後2日間のうちにポイントを購入すると、ポイントが増量されるキャンペーンをよくやっています。以下のようなキャンペーンが表示されたら、すぐにポイントを買ってしまった方が、結果としてお得に遊ぶことができます!

 

Jメール(R18)

【高評価・おすすめポイント】

  • 他サイトより規模が小さいため男の競合が少ない穴場的存在
  • アブノーマル嗜好の女の子の集客に力を入れているため、エロい女を探すにはもってこい
  • いつも若くてかわいい女の子を引っ掛けては乱交パーティーに連れてくる変態サークルのエースからこっそり教えてもらったサイト
  • PC MAXに負けないくらいの数の変態セフレをゲットしたサイト

↓コスプレ好きの19歳・短大生をゲットしたのはJメール

img_3001 

 

ワクワクメール(R18)

【高評価・おすすめポイント】

  • 他のサイトで10円かかるプロフィール閲覧が無料 → ガンガンプロフィールを確認してメッセージを送ることができる
  • サクラや業者が一番少ない
  • ワクメを使っている実感として、女の子とのデート・セックスにつながる確率が他のサイトよりも高い

↓縛られたい願望があるどMの22歳・女子大生を釣ったのはワクメ

img_3114

ぼくが自信をもっておすすめできる優良出会い系サイトは他にもあります。気になる方はコチラ!!

出会い系サイトを使って変態女子をゲットしてはセフレを量産していたときの経験をまとめた記事がこちらです。ぼくが数年間蓄積したノウハウがぎっしり詰まった超実践的なマニュアルになっています。ぜひご一読ください。

2 件のコメント

  • お久しぶりです。makotoです。
    2015年の夏に某国でお会いしました。覚えてますか。
    チェンマイは初めてですか。
    私はほぼ毎年行くので、もうちょっとだけ詳しいのでお知らせしますね。
    MPのサユリはタマダーが1200B、モデルが1500B、SLが2000Bです。写真の嬢達はSLで2000Bの嬢達です。
    あそこはトゥクトゥクで行くとか、観光客面していると、必ず吹っ掛けて来ます。だから、それぞれ1000Bずつ彼らの小遣いになる言値ですね。
    正規額は1200、1500、2000です。最近は成り手の嬢も減りました。残念ですね。

    • おぉ、そういうことでしたか!トゥクトゥクは使ってませんがやっぱり吹っかけてきてる値段だったんですね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA