ぼくの初体験を赤裸々に晒します 〜その2 意外なほどあっさり〜

初めてゴーゴーバーに入ったぼくは、タイの女の子の可愛さに驚きつつも、目が合ってすぐにやってきた白くてスタイルの良い美人と、楽しい時間を過ごしていました。

当時勝手が分からなかったぼくに、嬢は手とか口とか足とか色々使って積極的に絡んできます。

数百円のドリンク代だけで、こんなことしてくれるなんて・・・・・

タイの夜遊びのコスパに衝撃を受けました。

こりゃおっさん達がこぞって遊びにくる訳だ・・・・・

そういえば行きの飛行機にも明らかにそれっぽいおっさん団体がいたな・・・・

・・・・・とか考えてるうちに、全勃起してました。

しばらくイチャついてむらむらが高まってきた時、嬢が切り出してきました。

「私を部屋に連れてって」

今なら余裕で断れるけど、当時のぼくには到底断れません。

ホテルの部屋は友達と同室だから無理と伝えると、その辺りにあるラブホみたいなところに連れてかれました。

タイに来て初日の夜に女の人を買って、エロいことするために一緒に歩いてるなんて・・・・・

ぼく何してんだろー・・・・・

とは1ミリも思いませんでした。

その時のぼく、まりもっこりよりエロい目してたと思います。

部屋に入ると、嬢はさっきより激しく舌を絡ませてきました。

そのまま服を脱がされ、未洗浄のち○ぼをパクリ。

気持ちええーーーーー

未洗浄ってところが良いですよね!今でも好きです!

嬢の一方的な攻撃に、ウブだったぼくはもうされるがまま・・・・

こちらが反撃する間もなく挿入され、2分くらいで発射してしまいました。

こうしてぼくの初体験はあっさり終わりました。

24歳の夏でした。

まだ続きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。