あへん吸いまくりのパーティーに遭遇した話 〜その2 あへんの吸い方は2通り〜

小屋の主がふとんの下から透明のビニールに入ったなにかを引っ張りだした

袋の中身は粘土状の黒い塊

JOJO「それなに?」

主「オピウムだよ」

オピウム・・・・・・・

あへんだ・・・・・・

opium.jpg

税関HP・輸出入禁止・規制品目より

主はパイプの先にその黒い塊をつけると

炭火で炙りながら吸い出した

他のものたちも次々に吸い始め

和やかな雰囲気は一変した

パイプを加えて恍惚の表情を浮かべるもの

ひたすらおしゃべりに没頭するもの

ぼくたちに絡んでくるもの

吸い方はどうも2通りあるらしい

細い金属の先にあへんを少量塗り

それを炭で焦がしながら筒状にして口にくわえた紙でその煙を吸うものもいた

「アフガニスタン産だぜ。へへへ」

あへんの成分は多幸感をもたらすもの

だから攻撃的になったりするわけではない

それでも挙動がおかしいやつもいた

居心地が悪かった

なんとか雰囲気を変えたいと思い携帯を取り出した

コミュニケーションをとるために現地の言葉が入ったアプリを開こうとしたのだ

主「おい」

主「おまえなにやってる」

鋭い眼差しで主がこちらを睨んでいた


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。