あへん吸いまくりのパーティーに遭遇した話 〜その1 謎の黒い塊の正体は〜

中東のとある国の田舎の村に行った時の話

途中でこの先に向かうバスが来ないことが分かったぼくと友達は

ヒッチハイクでその村を目指していた

1台の車が止まった

「少し先までいくから乗ってきな」

少し走ったところで車がまた止まった

「チャイでも飲んでこう」

周りには何もない山間の小さな家

家より小屋と呼ぶ方がしっくりくる

小屋の中には中年の夫婦がいた

チャイをご馳走になる

「どこから来たんだ?」

「名前は?」

日本人が珍しいんだろう

質問攻めにあった

和やかな雰囲気

日本でもそうだけど

田舎のひとは基本的に親切だ

居心地が良い

国が変わってもその辺は一緒なんだな

このときはのんきにそんなことを考えていた

少し休憩していると小屋に男が続々とやってきた

こんなところへみんな何しに来るんだろう・・・・・

主の妻が彼らにもお茶を用意する

チャイハナ(喫茶店)なのかな・・・・

すると小屋の主がふとんの下から透明のビニールに入ったなにかを引っ張りだした

粘土状の黒い塊

いやな予感がした


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。