メキシコのとある街でペヨーテっていう幻覚サボテンを食べてみたら凄かった その1

ども。

なかなか更新できてませんがしばしお待ちを。

そろそろ活動再開します。

このブログの趣旨とちょっと違うんだけど、今日はメキシコのとある街での体験について書きます。

ペヨーテって知ってますか?

平たく言うと幻覚サボテン。

ウイチョルっていう先住民族が儀式に使うサボテンみたいです。

それが目的って訳ではなかったんだけど、とある街に行ってみたらペヨーテ食べれるよって聞いて、せっかくなので試してみました。

ホテルの部屋をシェアしてたメキシコ人と一緒にツアーを探してブッキング。

彼はゲイです(たぶん)。

こんなの使ってるし。

IMG_0715.jpg

ウイチョル族以外がペヨーテを所持(食べる?)のは違法みたいだけど、普通にツアーがあります。

日帰りのツアーがあってそっちは割と安いです。

でもせっかくだから砂漠で1泊するツアーを選びました。

値段は交渉して500ペソ(4000円)くらい。

ツアー当日。

馬に乗って山を下ること約2時間。

DSC_4217.jpg

砂漠につきます。

そ、そんなに嫌だった?

DSC_4259.jpg

テントをたてて、早速ペヨーテ狩りへ。

DSC_4266.jpg

そこら中に刺々しいサボテンが生えてるので気をつけないとグサッとささります。

あっさりペヨーテを見つけるガイドのおっさん。

自分でも探してみたけど、全然見つけられませんでした。

DSC_4272.jpg DSC_4274.jpg

これがペヨーテです。

DSC_4271.jpg

1時間程で沢山ペヨーテを集めて、意気揚々と戻ります。

DSC_4294.jpg

ここからは時間に沿ってお送りしますね。

19:20
キャンプファイヤーを囲んでペヨーテを食べ始める。
ツアーの参加者は4人。
メキシコ人カップル、メキシコ人(ゲイ。たぶん)、ぼく。
ガイドと砂漠に住んでる現地のおっさんを合わせて計6人。
皆でおしゃべり。

DSC_4297.jpg

19:50
30分くらいかけてペヨーテを1つ食べた。
90分以内に効果が現れるらしい・・・・

DSC_4310.jpg

20:15
徐々にリラックスしてきた。
マリファナみたいな感じ?
空は一面星で埋め尽くされてる。
周囲にはほとんど明かりがなくて凄く綺麗。

20:30
身体がふわふわしてきた。
気持ち良いけどもうちょっと効いてほしい・・・・。
ので、もう1つペヨーテを追加。
味はすごく苦い。
リンゴと一緒に食べたら美味しく食べれた。

21:00
ふと後ろが気になった。
瞬く星の中で、特に強く光ってるやつがぼくに訴えかけてくる。
声が聞こえる訳ではない。
何を訴えてるのかも分からない。
でもぼくを呼んでる気がする。
しばし星と会話。

21:30
星と会話しているぼくに、今度はキャンプファイヤーの火が訴えかけてくる。
「おいおいそっちばっか見てないでこっちも見ろよ」
そんな感じ。
星と話してると火が、
火と話してると星が呼びかけてくる。
忙しい。

21:45
もっとペヨーテがほしくなってきた。
ガイドにお願いしてもう1つ追加。
これで3つめ。
「おいおいまだ食べるのかよ」
ガイドに笑われる。

22:00
星、火に加えて、草木まで話しかけてくる。
ペヨーテには自然と仲良くできる効果があるんだろうか?
なんだかすごく楽しい。

完全にキマッたぼくは、満点の星空と夜の砂漠に溶けていった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。