【キルギス・ビシュケク】Tinderで釣った女の子の家に転がり込んでしばらく居候した話 〜その8 レイプ願望、2穴挿入、イラマチオ、スパンキング〜

おもちゃから始まって首締め、噛みつきと徐々に本性を現してきたM

彼女はドMだった

M「わたし、後ろも好きなの・・・」

ある晩、彼女はアナルが好きだと言ってきた

アナルバイブ持ってるくらいだしそりゃそうだ

特に驚きはない

IMG_9489.jpg

アナルはそんなに好きじゃない

でも彼女が好きだということはやってあげたかった

バックで挿入しながらMのアナルに小指をあてがって筋肉をほぐし

小指→人差し指→親指と徐々に広げていく

アナルの薄い皮越しに感じる自分のち○この感触は

なんでこんなに違和感があるんだろう

バックで挿入しながら指やバイブでアナルを刺激し続け

2穴挿入の気分を味わってもらった

JOJO「レイプ願望とかある?」

M「そーね、少しだけ・・・・誰でもいいってわけじゃないけど・・・・」

JOJO「他には?どうしたらもっと気持ちいい?」

M「JOJOの好きなようにめちゃめちゃにしてほしい・・・・」

それからぼくは荒々しく彼女を抱くようになった

舐めてもらっているときは喉奥を突き

涙目になる彼女の表情を眺める

肩や内腿を思い切り噛み

スパンキングするときは思い切り叩く

壁が薄いマンションの隣りの部屋に響くんじゃないかと思うくらい大きな音を出した

細い身体の割に大きな尻を挿入しながら思い切り叩き

IMG_9479.jpg

さらに壁に手をつかせて、首を絞めげる

うめき声をあげながら苦しそうでかつ恍惚の表情を眺めていると

興奮も異様なほど高まった

ぼくは彼女の深い欲望の渦にどろどろと飲み込まれていった

日本でこの記事のMのような変態女を探すのにJOJOが使っていたサイトはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。