【キルギス・ビシュケク】Tinderで釣った女の子の家に転がり込んでしばらく居候した話 〜その4 ソファーに膝立ち・壁に手をつかせて後ろから〜

Mは積極的だった

ジーンズとパンツを荒々しく剥ぎ取り

一気に奥まで咥えこむ

彼女の歯が擦れる

JOJO「M、気持ち良いよ。でももう少し優しくゆっくりやってくれるかな」

M「い、痛かった?ごめんなさい・・・・」

なんだこれ男女逆だな

激しいのが好みなのか

そう思ったぼくは彼女をソファーに膝立ちさせ

壁に手をつかせて後ろからガンガン犯し

彼女の背中に放出した

初めてだったこともあってか

この日は至ってノーマルなSEXに終始した

翌朝

家で寝ていて構わないという申し出を断って

Mの出勤に合わせて宿に戻った

JOJO「今夜も来ていい?」

M「もちろんよ」

別れ際にそう約束した

宿に朝帰りすると住人達が「JOJOさんどこいってたんですか?」とニヤニヤしながら質問してきた

彼らにはある程度ぼくの素性と旅の目的を話していた

「飲んでて遅くなったから泊めてもらったよー」

多くは語らず笑顔でそう答えた

ここは有名日本人宿

クセのある旅人が集まってくる

日本人の長期旅行者で夜遊びする旅人はそれほど多くない

大抵の旅人は、夜は外出もせず宿で毎晩だらだら話をしながら飲んでいる

風俗好きは少なからずいるけど

現地の素人女性を落としてやろうなんて頭のおかしい旅人はほとんどみたことがない

それでもやっぱりみんな興味はあるみたいだ

残しておいてもらった昨晩のシェア飯(みんなで一緒に自炊してシェアすること)を食べて昼寝をした

夕方

約束通り、彼女の仕事が終わる時間に合わせて直接家に向かった

この夜からだ

彼女は自分の性癖を表現してくるようになった

日本でこの記事のMのようなエロい女を探すのにJOJOが使っていたサイトはコチラ

IMG_9459.jpg

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。