私のオナニーを観て欲しいんです!30代の変態女性から届いたメッセージ

 

これまでJOJOの日本での変態活動について数回触れてきましたが、今日はちょっと変わった変態女性の話

 

 

 

「私のオナニー観て欲しい」という突然のメッセージ

 

 

こんばんは。

35歳の未婚です。

突然ですが私のオナニーを観てもらえませんか?

掲示板の書き込みをみてJOJOさんにならお願いできそうかなと思いまして。

こんなおばさんじゃだめでしょうか?

 

 

当時のぼくは、出会いサイトの「1日1回掲示板書き込み無料」という機能を利用して

変態願望のある女性をひっかけるために、毎日掲示板に定型の誘い文句を投稿していた

 

 

そして届いたのがこんな内容のメッセージ

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-11-04-47 

 

 

ネカマじゃねーかな・・・・

 

初めはネカマやひやかしを疑った

 

 

いきなりオナニー観て欲しいなんて、そうそうない

 

 

探りを入れるようにやりとりしていくと

 

彼女は自分の性癖を細かく説明してきたり、メッセージの回数とともに信憑性が増してきた

 

 

じゃあ会ってみるかな

 

 

ということで早速アポ

 

 

そそくさと会社を抜け出し

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-11-56-38

 

 

待ち合わせの御徒町駅に向かった

 

 

 

変態に見えない・・・現れたのは30代半ばの真面目そうな眼鏡の女性

 

 

待ち合わせ時刻を5分ほど過ぎたところで彼女から連絡が入った

 

 

「着きました。どこにいますか?」

 

 

 

お互い服装教えてキョロキョロする

 

 

 

「JOJOさんですか?」

 

 

 

声をかけられた方を振り向くと

そこには小柄な女性が立っていた

 

 

見た目は・・・・お世辞にも綺麗と言い難い

 

 

特に洒落ているわけでもないさえない眼鏡

地味な服装

かわいくもブスでもない普通の顔

 

そう

女っぽい色気のない小学校の先生のような

 

 

うーん、これはちょっと厳しいかな・・・・

 

そんな第一印象だった

 

 

あれ?なんか可愛らしく見えるぞ

 

 

お腹が空いているとのことだったので

その辺の適当なダイニングレストランに入った

 

 

 

ぼくも仕事後で空腹だったし

なによりホテル直行の気分ではなかった

 

 

少し飲みながら見極めて無理だったら今日はそのまま帰ろう・・・・

そんな気持ち

 

 

レストランに入って気がついたのは

彼女がバッチリ化粧をしていたことだった

 

 

赤い口紅にチーク・・・・

 

外では暗くて気がつかなかった

 

 

化粧上手・・・・

では決してないけど、彼女なりに意識して化粧をしてきたことが窺えた

 

 

緊張した様子も相まって

 

 

あれ・・・・なんか・・・・

 

 

 

 

 

 

可愛らしくてみえてきた

 

 

 

オナニーの件ですが・・・・本題へ

 

 

「オナニー」にはまったく触れないまましばらく時間がたった

 

 

確かに初対面の人と食事をしながら話す内容じゃない

 

 

一通り食べ終わったところでぼくから切り出した

「あの・・・・メッセージに書いてた内容なんですけど」

 

 

彼女はハッと姿勢を直し

周りを見渡して近くに客や店員がいないこと確認してから小声で話しはじめた

 

 

「私、最近見てもらいたい願望がすごくあって・・・・。でも彼氏も全然できなくて。今まで誰にも見せたことないんです」

 

 

ぼくの書き込みにメッセージをくれたのは「信用できそうだから」という理由だった

 

常識のない変なやつが多い変態の世界

普通に礼儀正しくしてるだけで「信用できそう」の評価につながるらしい

 

というのはこの世界に足を踏み入れて学んだこと

 

 

 

酒のせいか恥ずかしいからか

 

頬を赤らめて話す彼女に一瞬ドキッとした

 

 

この女性のオナニーなら観てみたいな、そう思った時点でお会計を頼んだ

 

 

湯島のラブホへ

 

「じゃあいきましょうか!」

 

 

「はい・・・・えーと・・・どこに?」

 

 

「どこって・・・・ホテル行かないんですか?」(真顔)

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-12-15-43

 

 

「えっ・・・あの・・・・ハイ・・・・いきます・・・」

 

 

 

反応面白っw

 

 

「こっちにラブホあるんで行きましょう」(←ネットで調べただけで来るのは初めて)

 

 

途中コンビニでお酒を買い、手をつないで湯島に歩いて向かった

 

 

適当なラブホに入ってとりあえず乾杯!

 

エロトーーークでもしたいところだけど

この日は平日でそんなにゆっくりもしていられない

 

 

ということで・・・・

 

 

「Aさんオナニーはやく見せてくださいよ」

 

「・・・・はい」

 

 

彼女はベッドに深く腰掛けると後ろに仰向けに寝そべった

 

 

酒飲んでタバコ吸いながらオナニー鑑賞

 

足を開くこともなく、彼女はスカートの中に手を突っ込みパンストの上から触っていた

 

「Aさん、それじゃ全然見えませんよ」

 

「あ、はい・・・どうしたらいいですか?」

 

 

「じゃあ下は脱いじゃってください」

 

 

言われたとおりにパンストとパンツを脱ぐ彼女

 

 

途中からそんな気がしていたけど

命令されると嬉しいみたいだ

 

 

「ちゃんと見てますよ。てか初対面の人の前でオナニーしちゃうなんて、Aさんだいぶ変態ですね」(真顔)

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-12-15-43

 

 

ハァハァ

 

彼女の吐息がうっすら聞こえてくる

 

 

ぼくはというと、タバコ片手にビールを飲み、ソファーにどっかり腰掛けてオナニー鑑賞

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-11-57-42

 

 

こういう優雅な遊び、大好きです

 

 

目の前の景色はこれです

 

img_2875

JOJOがこのとき撮影したもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「結構濡れてきてますよ?ちょっとにおい嗅いでもいいですか?」

 

「ピチャピチャ音聞こえてますよ?やらしーですね」

 

実況系となじる系の言葉攻めで彼女の興奮はどんどん高まっていき

 

喘ぎ声が大きくなると10分ほどでビクンビクン身体を震わせた

 

 

 

 

 

「Aさん、自分だけ気持ち良くなっていいんですか?」

 

 

 

少し待ってからそう声をかけると、彼女は身体を起こしてぼくの足元にひざまづいた

 

 

 

 

日本でエロい女の子を見つけるならココ

PC MAX

会員数900万人のメガサイト

業界一と言われる宣伝広告費を武器に知名度抜群

女性誌への広告も多いため、女性会員をしっかり確保している

サクラは一切なし

ぼく実際にPCMAXを軸にしてセフレをゲットしてました

一番安定した成果が得られるサイトです

以下のリンクから登録すると最大100ポイント(1000円分)の無料ポイント付き

↓お尻の綺麗な35歳どエロ人妻を釣ったのはPC MAX

img_2633 出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

Jメール

知名度は他サイトに劣るものの、穴場的存在のJメール

いつも出会い系で若くてかわいい女の子を引っ掛けて乱交パーティーに連れてくる悪友・変態サークルのエースからこっそり教えてもらったサイトです

アブノーマル嗜好の集客に力を入れているため、変態嗜好の女の子を探すのには一番向いている

サクラは一切いません

以下のリンクから登録すると最大100ポイント(1000円分)の無料ポイント付き

↓コスプレ好きの19歳・短大生をゲットしたのはJメール

img_3001 

 

JOJO流エロい女の子の引っ掛け方を詳しく知りたい方こちらの記事をどうぞ!

 

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA