【脱毛初体験】外国人女子と遊ぶならアンダーヘアの処理は必須です【動画あり】

突然ですが、セックスするときに脱がせた女の子の脇毛がボーボーだったらどう思いますか?

 

うわっ

キモッ

汚っ

ちゃんと処理してよ・・・

 

こんな反応でしょうか。

*「うほッ! 興奮するッ!」と思ったあなたの性癖は異常です。

 

海外で、特にアジア以外の国で夜遊びするときにチン毛や脇毛がボーボーだと、相手の女の子は不快に感じます。

例えば、世界中から客がやってくる風俗・ドイツのFKKで「チン毛ボーボーのアジア人どう思う?」と質問すると、ほとんどの女の子が「汚い」と言います。

 

頑張ったらお金をたくさんもらえるメリットでもない限り、汚いと感じる相手に良いサービスを積極的にしようとは思いませんよね。

アジア、中南米、ヨーロッパ、アフリカと世界中で夜遊びしてきたJOJOからすると、体毛を処理するのは世界のスタンダードとも言えるマナーです。

 

体毛処理には色んな方法がありますが、今回、ぼくは脱毛サロンを初めて体験してきました。

この記事では、脱毛にかかる期間費用、施術するときの痛みの程度など、実際にJOJOが体験しているところを撮影した動画や画像をたっぷり交えながら紹介していきます。

 

脱毛サロンを体験して、アンダーヘアの処理に関する現時点での結論は以下の通りです。

  • 脱毛にお金をかけたくない → ハサミで短くカット
  • 料金が高くても短期間・少ない回数で終わらせたい → 医療脱毛
  • なるべく安くお手軽に脱毛したい → 脱毛サロン

海外で夜遊びするならアンダーヘアの処理は必須! やらないと損します

海外長期旅行して、帰国してから銭湯に行く度にいつも思います。

 

みんな毛ボーボーやん・・・

 

それが日本の文化なのは重々承知してます。

でも、日常的に海外で夜遊びしているJOJOはそれでも「なんか汚いな・・・」と思ってしまうのです。

 

汚いというのはイメージだけの話ではなく、根拠もあります。

 

  • 小便(雑菌)が陰毛につく
  • 蒸れて匂いがこもって臭くなる

 

要は不衛生ってこと。

 

海外、特にアジア外の地域では、アンダーヘアを処理するのはもはや当然のエチケットです。

アメリカ人とドイツ人の知人に聞いてみたところ、男性が毛を処理していることに対する女の子の印象は「絶対に良い」そう。

一般男女がこんな状態なので、風俗となれば当然のように男女ともにしっかり毛を処理してます。

 

日本・韓国・中国人のチン毛ボーボー客に慣れている女の子が相手なら、なんとも思われないかもしれません。

ただ、もしあなたが女だったら毛ボーボーのち○こ舐めたいと思いますか?(そもそもち○こを舐めたくないという話は置いといて)

 

ぼくは年に1回くらいレディーボーイのち○ぽを舐めますが、ちん毛がフサフサだったら嫌です。

欧米の女子はこれと同じ感覚を持っています。

アジアの女の子にしても、「アンダーヘアを処理している=清潔・自分の見た目に気を使っている」と認識されることが多いでしょう。

 

せっかく海外まで行って遊ぶのに、ちん毛がボーボーなだけで女の子のテンションが下がってサービスが雑になったら、ものすごい損だと思いませんか?

 

「は? そんなことしなくたって塩対応の嬢は塩だし、良い嬢はちゃんとサービスしてくれるわ!」

という反対意見が聞こえてきそうです。

 

確かにアンダーヘアなんて関係ないという嬢もいるでしょう。

髪型、服装、匂い・・・気を遣うべきところは他にもたくさんあります。

 

ただ、相手に悪印象を与える可能性がある要因をできるだけ排除しておくことは、女の子と遊ぶ上でとても重要です。

脱毛によるデメリットは特に見当たりません。(このヤリチン野郎がっ! と思われることがたまにはあるかも)

もし結婚している場合、嫁への説明に困るくらいでしょうか。

 

海外で夜遊びするならムダ毛の処理は絶対にするべきです。

 

あとこれ、あんまり人に教えたくないライフハックなんですが、アンダーヘアを処理するとボーボーよりも確実に大きく見えます。

 

 

お分かりいただけただろうか?

 

今までは短くカットしてたけど初めて脱毛に挑戦

JOJOはこれまで、眉毛を整える用のハサミでちん毛を短くカットしてました。

JOJOが実際にチン毛を切ってるハサミ

 

数mmくらいまで短くカットしていたので、どの国で遊んでも女の子に嫌な顔をされたことはありません。

簡単・お金をかけずに処理する場合、カットはオススメです。

 

JOJO
カミソリで剃るのはオススメしません。傷ができたり肌が荒れたりかえって不衛生で、生えてきた時のジョリジョリ感も不快です。

 

カットで不自由を感じたことはありませんが、脱毛にはずっと興味がありました。

AVや海外の風俗で綺麗に整えられたツルツルち○ぽ・ま○こを見る度に、自分もやってみたいなって。

 

でも、高そうだし、痛そうだし、時間かかりそうだし・・・

 

何よりめんどくせっ

 

という理由で、今まで脱毛せずにきました。

ここ5年くらい日本に長期間いることもなかったし。

一番ネックだったのは値段ですね。

脱毛というと、高額なコースを契約させられるイメージがありました。

 

たまたま知人とそんな話をしていると「コース料金がないその都度払いのところがあるよ! しかも安いよ!」と脱毛サロンを紹介されました。

詳しい話を聞いてみるとなかなか良さげ。

 

都度払いなら気に入らなければやめればいいだけです。

特にリスクはありません。

 

せっかくの機会なので試してみることにしました。

 

脱毛体験①顔

さて、ここから脱毛体験について書いていきます。

今回JOJOが脱毛してもらったサロンはこちら。

 

【Men’s脱毛figo】

 

男性専門の脱毛サロンです。

新宿駅から歩いて10分くらいの便利な場所にあります。

*Figoの店舗情報は本記事の最後に記載

 

まずはカウンセリングからスタート。

毛が育つ周期、脱毛方法、使っているマシン、料金など、丁寧に説明してくれます。

 

何やらイケてるマシンを使っているらしい

 

脱毛するときの注意点として以下の2つがあります。

 

  1. 日焼け:直近2週間くらいの間に強い紫外線を浴びると肌の黒い部分に熱が飛び、肌への負担が大きくなり脱毛効果が落ちるため、脱毛前には日焼けをしないように
  2. 脱毛部位の毛を事前に剃る:脱毛する部位の毛は自分で綺麗に剃っていく必要があります。剃り残しがあると施術してもらえないので注意

 

スタッフさんの話を超まじめに聞き質問するJOJO

 

一通り説明を受けたら、次にメニューを選択。

 

このサロンのシステムは時間制です。

部位毎に○分と決まってます。

例えば顔全体なら20分。

料金については後述。部位によって1回6000~15000円くらいです

 

脱毛自体が初めてなので、今回は基本メニューの顔を選択。

 

メニューが決まったら個室に移動して、いざ施術!

 

施術の部屋はこんな感じ。

 

台の上に寝っ転がって目隠しされます。

*脱毛マシンの光が強く眩しいため

 

そして、消毒して冷たいジェルをたっぷり塗られます。

*光を当てたときに発生する熱を冷ますため

 

ここで光の出力の強さについて相談。

以下の理由で、ぼくは通常よりも強めの出力でやってもらうことにしました。

 

  • 脱毛の強い効果を体験したい
  • 体毛が薄い → 痛みを感じにくい
  • ある程度痛くても我慢できる(と思う)

 

出力が強い=痛い=脱毛効果が高いです。

 

まず頬や首筋など、痛くないところからスタート。

 

マシンを当てて「ピッ」と音がすると、その後ピカッと光ります。

 

 

もわ〜っと温かい感覚。

毛が薄い部分は強めの照射でも痛みは全くありません

 

「ここから痛いです」

 

痛い部分に行くとき、声をかけてくれます。

 

痛いのは毛が濃い部分です。

顔なら顎と鼻下

 

 

ゴクリ・・・

 

 

顎にマシンが当たる。

 

 

ピッ(マシンの音)

 

 

ジュッ

 

 

 

 

 

痛っ!!!

 

 

照射した場所に、何かが焼けるような痛みが走る・・・

 

手汗がじんわり。

 

ただ、痛みは確かにあるものの、我慢できないほどでもありません。

「痛っ」と一瞬感じるくらいで、後を引くような痛さでもないです。

 

JOJO
痛みの程度は、毛深さや肌の色によります。感じ方にもかなり個人差があるそうです。

 

部位をずらしながら光を当てていき、「痛っ」を繰り返しているうちに終了。

 

終わったらジェルを吹きとって、冷たいタオルでしばらく顔を冷やします。

 

たったの20分で施術が終わりました。

 

思ったより全然簡単でスムーズです。

痛みも許容範囲内。

 

これなら続けたいなと思いました。

 

脱毛体験②VIO(アンダーヘア)

初回の顔脱毛から約1ヶ月後。

今度はいよいよVIO(ちん毛とケツ毛)の脱毛です。

 

前日に自分でちん毛とケツ毛を剃りました。

*脱毛サロンでは剃毛できないので、脱毛部位は自分で剃っていく必要があります

 

ちん毛とケツ毛の自己処理、激ムズです。

下腹部はいいとして、タマキンとアナル周りを自分で剃るのはかなり無理がありますね。

 

T字カミソリしかなかったので仕方なくそれでやったんですが・・・

 

 

タマキン裏を3カ所負傷しました(/ _ ; )

T字カミソリを使う場合は超慎重にやるか、脱毛クリームを使うことをお勧めします。

 

さて、VIOの施術です。

 

部屋に入ると、施術代の上にこんなものが・・・

 

 

紙パンツ。

 

なかなか恥ずかしい・・・

 

 

しかし、もっと恥ずかしいのはここから。

 

うつ伏せになってアナル周りに冷たいジェルをたっぷり塗られます。

 

 

もうなんかアレです。

 

 

エロい店みたい・・・

 

 

脱毛効果をしっかり体験したいJOJOは、この日も普通の人の初回出力よりも2段階高い出力でチャレンジ。

 

やや心配です。

辛いもの食べるとすぐ痛くなる貧弱アナルなので・・・

 

痛くないお尻のほっぺた部分からスタート。

 

全然余裕です。

あったかいな〜くらい。

 

「ここから痛いです」

 

はい来ました、痛い宣言。

 

緊張して身体がこわばります。

 

 

 

ジュッ

 

 

 

 

 

 

痛いっ

 

 

 

焼けるようなこの感覚。

 

 

 

ジュッ

 

 

 

痛い・・・

 

 

ジュッ

 

 

ジュッ

 

 

 

 

痛みがだんだん強くなっていき、手汗でびっしょりに・・・

 

皆さんご存知の通り、アナルに近づくほど肌の色が濃くなります。

肌の色が濃い=痛みが大きい

つまり、アナルに近いほど痛いです。

 

↓JOJOが実際にアナルへの照射を受けている動画です。痛みに対するリアルな反応がわかります。

 

 

最後のアナル直撃の1発は軽く悶絶するくらい痛かったです・・・

 

 

さて、アナルへの攻撃を耐え切り、一旦タオルで冷やして仰向けに。

 

仰向けの施術で痛いのは、竿の付け根タマキンの真ん中の筋部分。

 

「痛くないところからいきますね~」

 

「ここから痛いです~」

 

「あと○発で終わりです」

 

丁寧に声をかけてくれるので、覚悟する時間はあります。

 

 

竿の付け根とタマ裏の真ん中は、身体がビクッとするくらいの痛みでした。

 

これも我慢できないほどではないです。

アナルよりちょっとマシなくらいかな・・・

 

終わったら冷たいタオルで冷却。

 

 

気持ちええ・・・

 

服を着て、そのまま2回目の顔脱毛に移ります。

 

鼻下と顎は変わらずジュッと焼ける感じの痛み。

でもアナルの方が痛かったので、全然我慢できました。

もう顔は余裕。

 

脱毛の痛みには慣れがあって、一番痛いのは初回だそう。

 

参考までにJOJOが感じた痛みの程度はこんな感じ。

 

アナル>竿の付け根=タマキン裏>鼻下>顎

 

VIOと顔を合わせて1時間ちょっとで終了。

今回もスムーズな施術でした。

 

痛くない=脱毛効果が弱い。痛みに対する考え方

さて、痛い痛いと書きましたが、ここで脱毛の痛みに関する考え方を説明します。

 

基本的には「痛くない=光・レーザーの出力が弱い=脱毛効果が弱い」です。

 

これは医療脱毛でも脱毛サロンでも一緒。

*医療脱毛と脱毛サロンの違いは次の項で解説

 

脱毛効果が弱ければ、同じ効果を得るまでの期間が伸びて、必要な施術の回数も多くなります。

 

医療脱毛には、麻酔で痛みを抑えて強いレーザーを照射するオプションがあるので、これにより脱毛期間の短縮・施術回数を少なくできるメリットがあります。

麻酔なしで施術する場合、医療脱毛でも脱毛サロンでも出力が同じなら痛みの程度は同じです。

 

そのため、脱毛サロンであっても、痛みをなるべく我慢して強い出力にしてもらった方が、結果として脱毛期間の短縮、施術回数の削減、ひいてはお金の節約につながります。

 

痛みを感じやすいのは毛深い人です。

また、肌が黒いと脱毛効果が弱くなります。

そのため、体毛が薄くて肌が白い人は、痛みを感じにくく脱毛効果が高いので、強い出力に耐えられる(=脱毛が早く終わる)可能性が高いでしょう。

 

今回は強めの出力を頼んだJOJOですが、通常初回に設定するレベルの弱めの出力でも鼻下(毛が濃くて痛い部分)に照射してもらいました。

そしたらなんと、焼けるように痛かった鼻下でも痛みが全くなかったです。

 

痛くないのは良いことですが、これは効果も弱いということ。

脱毛効果を得るまでに回数がかかります。

 

実際に、初回で痛い思いをすると嫌になって来なくなってしまう人が多いので、最初は痛くないように弱めの出力で施術するのが一般的だそう。

 

痛みを一番強く感じるのは初回です。

回数を重ねるごとに毛が減っていくのと、レーザーの照射にも慣れてきて、痛みは軽くなっていきます。

 

もし痛みが我慢できない場合、声をかけたらすぐに出力を下げてくれます。

なので、多少痛くても我慢して出力を上げてもらい、相談しながら許容範囲ギリギリの痛みを狙っていくのがJOJOのオススメです。

 

これによって、痛みを我慢できる範囲で施術回数を抑えて、脱毛完了までの料金を安くすることができます。

 

JOJO
ぼくの場合、顔の2回目は初回より出力を上げてもらいましたが、痛みは初回とほぼ同じか、むしろ軽いくらいでした。

たった1回で減毛の効果とは考えにくいので、単純に痛みに慣れたんだと思います。

なので、脱毛にチャレンジするなら、多少痛くても1回で辞めずに期間を空けて2回はやって見た方がいいかと。

2回やった後、髭は生えるのがだいぶ遅くなってます

 

医療脱毛(クリニック)と脱毛サロンの違いはレーザーの出力(照射の強さ)

脱毛を考えるとき、まず医療脱毛(クリニック)と脱毛サロンのどちらかを選ぶ必要があります。

 

医療脱毛は、その名の通り、医師が経営している医療機関(クリニック)でやる脱毛。

脱毛サロンは、いわゆるエステサロンのようなもので、医療資格なしで施術できる形になっています。

 

JOJOが今回施術してもらったのは脱毛サロンです。

 

医療脱毛(クリニック)と脱毛サロンの大きな違いは、レーザーの出力(照射の強さ)です。

 

法律で、医師以外が毛根を破壊する行為は違法と定められています。

そのため「照射はするけど毛根は破壊してませんよ〜」と謳って営業しているのが脱毛サロンです。

 

  • 医療脱毛:毛乳頭を破壊する強い照射をすることが可能(レーザー脱毛)
  • 脱毛サロン:除毛・減毛する程度の弱い照射のみ可能(光・フラッシュ脱毛)

 

これが法律上の違いです。

 

 

ただし

 

 

出力(照射の強さ)について調べてみたところ、数値上の法的規制はありませんでした。

(例えば「医師のみが○J/cm2以上の出力の照射をできる」といった明確な数値の規制はない)

 

現実に、医療脱毛と脱毛サロンで同じマシンを使っていることもよくあるそうです。

 

さらに、医療脱毛であっても、社内規定で脱毛サロンと同程度の弱いレーザー出力で施術しているクリニックがあったり、反対に、客の希望に応じて強めの照射をしてくれる脱毛サロンがあったり・・・

 

このように、光(フラッシュ)とレーザーの出力の基準はとても曖昧なのが現状です。

 

JOJO
今回ぼくが体験したFigoは個人経営でメンズ専門なので「強めで!」とお願いしたらフレキシブルに対応してもらえました。

マシンの種類や会社ごとの規定によって対応してもらえないこともあるみたいです

 

医療脱毛のメリットは以下の2つです。

  • 医師がいるため、万が一の時にしっかり対応してくれる → 安心
  • 麻酔して強い照射ができる → 施術回数・期間を短縮

 

ただし、料金は高額。

 

顔全体を例にすると、脱毛サロンは一回数千円のところが多いですが、医療脱毛の場合だと数万円かかってきます。

 

医療脱毛と脱毛サロンの比較をググってみると、「回数・期間が少なく済む分、総額では脱毛サロンと変わらない」と謳ってクリニックを推しているサイトがたくさんあります。

でも、回数を少なくするために必須な麻酔が料金に含まれていなかったり、部位ごとに細かく分けて料金設定されていたり、料金は医療脱毛の方が確実に高くなると考えていいでしょう。

 

某脱毛クリニック。顔全体は1回で48000円

別のクリニック。顔の5回コースで計11万円以上。

麻酔は別料金

 

安いコース料金を売りにしているクリニックもあリますが、そういうところは予約が取りにくい、出力が弱く脱毛サロンのように回数が多くなるなどの理由があるかもしれません。

 

そのため、お金に余裕があって、時間がない(短期間・少ない回数で脱毛したい)、痛みを我慢したくない(麻酔したい)人には医療脱毛が向いてます。

表面麻酔だと効かない人もいるみたいです。痛みが嫌で医療脱毛する人は、笑気を使った全身麻酔を覚悟する必要がありそう

 

医療脱毛のメリットである安全面について、個人的には脱毛で起こり得るのは軽い火傷・肌トラブルくらいなものかなと思います。

なので、安全面を理由に医療脱毛を選ぶってほどでもないかと。

 

期間が多少伸びたり回数が増えても、気軽に安く脱毛したいという人には脱毛サロンが向いてます。

 

脱毛に関するQ&A

今回脱毛を体験するに当たってTwitterで質問を募集したところ、結構な数の質問をいただきました。

ぼくが気になったことと合わせて聞いてきたので紹介していきます。

 

脱毛にかかる期間はどれくらい?

毛深さや部位によってばらつきがありますが、目安はトータル2年、早い人で1年くらいです。

 

脱毛にかかる回数はどれくらい?

  • 顔:毛が薄い人で10回、濃い人は20回ほど
  • 身体:約10回

 

JOJO
本記事を書くにあたって医療脱毛の回数についても調べてみたところ、概ね以下の通りでした。

  • 顔:5~10回
  • 身体:5~10回

 

麻酔をガンガン使って強い照射をすれば、サロンの半分の回数で終わりそうです。

 

脱毛効果を実感できるのは何回目から?

  • 顔:毛が薄い人は1~2回、通常3~4回
  • 身体:1~2回

 

JOJO
JOJOはまだVIO1回、顔2回しか体験してませんが、どちらも既に効果が現れてます! 生えてくるスピードが明らかに遅いです

 

施術の間隔はどれくらい?

  • 顔:最短で2週間(毛深い人)、毛が薄い人は3週間ほど
  • 身体:1カ月以上

 

だんだん毛が減っていくため施術間隔は伸びていき、最終的には半年に一回などの間隔になります。

 

脱毛サロン・クリニックを選ぶときのポイント・なにを見るべきか?

・コース契約に注意

脱毛サロンや医療脱毛(クリニック)にはコース契約を用意しているところが多く、1回ずつ料金を支払うよりお得になっています。

ただし、コース契約したのに会社が潰れてしまったり、最悪の場合、計画倒産されてしまうリスクもあります。

また、コース契約は先払いなので、新規客を優先されて予約が取りにくいサロンもあるようです。

 

コース契約したのに予約が取りにくい実際にあった例:

  • 次回予約可能なのは半年も先
  • 施術台5台のうち、3台は新規客用

 

コース契約する場合には、こういったリスクがあることを覚えておきましょう。

 

・割引キャンペーンに注意

初回100円!

などの割引キャンペーンが盛んに行われていますが、要注意。

安い料金で新規客を集めて高いコース契約をしつこく勧誘されたり、割引対象外の料金が後から加算されたりすることもあります。

 

施術中、痛い時にどのような対応があるか?

出力を弱くします。出力の程度によって痛みは全然違うので、痛い場合は申し出るだけでOKです。

照射を弱くするとその分脱毛効果が落ちることを覚えておきましょう。

 

家庭用脱毛器との違いは

家庭用の脱毛器は医療脱毛・脱毛サロンのマシンと比べて、かなり照射が弱いです。

数値で言うと、Figoで使っているマシンで12段階ある出力のうち3.5までなど。

回数をめちゃめちゃ多くやれば効果はあるかもしれませんが、男性の濃い毛に家庭用脱毛器は向きません。

 

ブラジリアンワックスが良いって聞いだんだけど、実際どう?

ブラジリアンワックスは、強制的に毛を引っ張って抜くため、毛穴が広がり見た目が汚くなります。

肌へのダメージがあるのでオススメしません。

 

施術中に勃起してしまわないか心配です。

施術中はジェルを塗って局部に触れるため、勃起してしまう人も割といます。

オナニーしてから来店してください。

 

脱毛サロンに行くと毛は生えて来なくなるの?

生えにくくなります。一生生えて来ない状態にはなりません。

 

タイプ別オススメのアンダーヘア処理方法

最後にタイプ別のオススメのアンダーヘア処理方法をまとめます。

 

  • 脱毛にお金をかけたくない → ハサミで短くカット
  • 料金が高くても短期間・少ない回数で終わらせたい → 医療脱毛(麻酔必須)
  • なるべく安くお手軽に脱毛したい → 脱毛サロン

 

カットで特に不自由はなかったですが、脱毛して毛が生えにくくなるのを少し経験すると、もうカットじゃ物足りません。

めちゃめちゃ快適なので、脱毛を試してみると良いですよ!

 

【今回JOJOが脱毛を体験したサロン】

Men’s脱毛Figo

住所:東京都新宿区大久保1-11-1大森ビル4F

 

新宿店以外にも、心斎橋店、所沢店、名古屋店があリます

心斎橋店:大阪府大阪市西区北堀江1-2-10 菊屋ビル3F
(地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅5番出口徒歩1分)
(地下鉄御堂筋線 心斎橋駅7番出口徒歩5分)

所沢店:埼玉県所沢市日吉町8-10 モトビル1F
(西武線所沢駅西口徒歩5分)

名古屋店:愛知県名古屋市中村区名駅2丁目44-5第2メビウス名古屋ビル5F
(名古屋駅徒歩1分)

 

Figoの特徴

  • 都度払い・コース料金なし
  • 時間性脱毛
  • 業界最安クラス
  • 次回施術などの勧誘一切なし(次回予約は基本的に直前に調整)

 

料金の具体例:

  • 顔全体と首周りで1回6000円
  • VIOセットで1回14000円

 

今月中(2019年2月)に限り、初回全メニュー半額のキャンペーンをやってるそうです。

顔なら6000円 → 3000円、VIOは14000円 → 7000円、組み合わせもOK

 

JOJO
これ、まじで安いので、一回試してみることを強くオススメします。

3月から「顔のみ半額」になるそうなので、VIOを試すなら今月中がチャンスです!

予約・問い合わせに対応してくれるお店のLINEアカウントを載せておきますね

 

新宿店・所沢店・心斎橋店・名古屋店すべて店舗の予約・問い合わせが可能です。

友だち追加

 

 

ボーボーを卒業して、快適な夜遊びライフを送りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA