第4回FKKガイド・お客様レポート

こんにちは!

今日は第4回FKKガイドのお客様レポートを紹介します

 

ガイド日程は以下の通りでした

1日目:待ち合わせ→ケルン観光→FKK Samya

2日目:デュッセルドルフでランチ→FKK Golden Time

3日目:FKK Planet Eden→FKK Oceans→エロスセンター

4日目:FKK Golden Time

第4回FKKガイド概要!4日間でSamya・Golden Time×2・Planet Eden・Oceansを訪問してきた

 

それでは以下レポートです

ガイド依頼者:K

依頼者プロフィール:海外旅行経験はある程度あるが、海外風俗経験はタイで数回のみ。英語はほぼ話せずFKKに行ってみたいが一人では物怖じしてしまうビビリ。この度、日頃愛読しているWorld Sex Tripにてガイド募集告知があったため、これ幸いと応募に至る。

 

【一日目】

FKK訪問初日。午前中にデュッセルドルフ空港に到着。レンタカーにてJOJOさんの宿に向かう。

レンタカーのナビがドイツ語設定になっていて英語への変更方法がわからず、合流場所への到着に手間取り、約束の時間に遅れる。会うまでどんな人か若干の不安があったが、大変気さくな方で遅刻も笑って許してくれた。

合流後、近くのショッピングセンターでSIMを購入してFKKへ向かうこととなったが、この日は生憎雨天。当初この日はGolden Timeへと向かう予定であったが、Golden Timeは広大な庭が売りの一つ。よって天候を考慮し予定変更。ケルンへ向かい、雨の日でも影響なく遊べるというSamyaを訪問することとした。

大聖堂を見学し、中央駅にてカリーブルスト(ぶつぎりのソーセージにカレーソースをかけたドイツで人気のファーストフード)で腹ごしらえの後、Samyaへと向かった。

町の中心部から車で10分程の場所にSamyaはあった。外見は普通のクラブのような建物だが、中に入ると早速受付付近を半裸Tバックの金髪美女が歩いていてビビる。

よくFKKの画像で半裸金髪美女集団が写っているが、あんな感じの女性が本当にうろうろしている。Samyaは地下にロッカールームがあり、ここで着替えてメインフロアに繰り出した。

この日は金曜日で19時頃の訪問。曜日・時間が良かったのか大量の美女と男たちでフロアはあふれかえっていた。当方、英語がほぼ話せないため若干怖気づくも、JOJOさんの助言に従いとにかく「下手でも話そうとする姿勢を見せる」「自分は君と話したいという態度を見せる」ということを念頭に行動する。

まずはJOJOさんに内部の案内をしていただき、ローカールーム・サウナルーム・ビュッフェ・喫煙所などの位置を把握する。その後JOJOさんとフロアの一角に腰掛けていると、いきなり女性が営業やってきた。

一人目にやってきたのはロシア人。当方、あらゆる人種の中でスラブ人女性が最も美しいと思っている。しかし、このこは太めだったのでリリース。なんとか意思の疎通ができたことに安堵する。

その後も次々に女性からのアプローチがくるも、記念に一度目はスラブ系が良いとこだわり、リリースを数度繰り返す。 すると一人よさそうな金髪ポニーテールのスラブ美女を発見したのだが、食事に行くようにみえたので「また後で良いか」と考えてしまう。これは実は判断ミスだった。その後この美女がまったく見つからなくなってしまった。

仕方がないので別のターゲットを探すことにした。バー付近で目を光らせていると、顔立ちが好みのラテン系女性がいたので話しかけた。ルーマニア人の24才、黒髪でむっちりした美女。数分話した後この女性と共にプレイルームへ移動し、FKKデビューとなる。

30分・50ユーロ。濃い顔立ちとほどよい肉付き。初めてのEuropian girl。かなり刺激が強く、そもそもこの日勢いが先にたって青い薬でドーピングも行っている。

青い薬=バイアグラです

生フェラしてもらって感じる口内の粘膜、生温さと吸い込む音。すぐに硬くなり、前戯もほどほどにバックから貫いた。

尻と腰の形が日本人とは違って興奮が高まった。後ろから数分楽しむも発射はなんとか我慢し、騎乗位に変えてもらった。

洋物ポルノのような腰使い。下からも応戦するが、射精感がこみ上げてきて耐えるのは難しいと判断。再びバックの体勢にして、一心不乱に突き立てた。

目がチカチカするような射精だった。FKK童貞喪失としては上出来だったと思っている。

その後ロッカールームが50ユーロを渡し、両頬にキスしてお別れ。女性は優しく、プレイも満足だった。入場50ユーロで、SEX50ユーロ。破格のコストパフォーマンスだ。

その後、JOJOさんと合流して食事。後から分かったが、Samyaはビュッフェの種類も多く、おいしい。これらも入場料に含まれている。食事後、地下の個室の休憩ルームで仮眠を取った。当方は短時間で何回も射精する嗜好ではない上、時間も遅くなってきたので帰ろうかとも思ったが、上述の金髪ポニーテールとどうしても遊びたかったので、探し回ったが見つからない。

結局この日は諦めて帰ることにしたのだが、着替えを終えて受付に戻ってくると、その金髪ポニーテールがいた。再度着替える気にもならなかったためこの日は退散。

教訓:気に入った女性がいたらすぐに話しかけたほうが良い。(事前にJOJOさんにアドバイスをもらっていたが、身をもって学ぶことになった)

 

【二日目】

天気が心配であったが、昨日までの雨天とは打って変わって快晴。昨日の訪問予定であったGolden Timeへ向かう。

Golden Timeはオランダとの国境付近の郊外にある。夏のドイツのドライブは最高だった。

現地に到着すると、建物のある敷地内ではなく少し離れた駐車場に誘導された。JOJOさん曰く「こんなことは初めて」とのこと。

店内はかなり混雑していて、受付でロッカーを二人でシェアするように指示された。

着替えた後、JOJOさんに内部の案内をしてもらった。Golden Timeの敷地は広い。バーのあるラウンジスペースはそうでもないが、建屋内にジャグジーもあり、なにより庭がとても広い。小さな河や池があり、ハンモックやテントもある。

ログハウスのような小屋もあって、テントやログハウス内がプレイルームになっているらしい。どうしてもログハウスでSEXしてみたくなった。

好みの女性が何人が見つかるも、女性の数がすごく多いのでとりあえずは様子見。前日の教訓が何ら活かされず…

しばらく物色した後、目をつけていた化粧の薄い、顔立ちの美しい女性に声をかけた。ロシア人、26才、金髪のスラブ系である。かなりの長身だ。

話していてもあまり笑わないため、当方の対応が悪いのか無愛想な女性なのか、心配になった。

一緒に部屋へ行くことにしたが、混雑しているためログハウスは20分待ち。女性から、建屋内であれば待ち時間は短いといわれるも、頑なにログハウスを主張した。こちらの希望を聞き入れて一緒に待ってくれたので、そんなにスレた娘ではないのかもと思った。

部屋が空いてログハウスに移った。このロシア女性はフェラが抜群に上手だった。人によって好みはあると思うが、当方好みのねっとりとした濃厚なフェラだった。あまりに気持ちよくて、15分くらいフェラに使ってしまった。

あわてて後背位で挿入。腰が細くて尻の感触がよく、体型的にはやはり当たりだった。ここで尻を叩いてみたら怒られた。ひっぱたくのは止めてSEXに専念し、射精にいたる。最高に気持ちよかった。数分時間が余っていたので一緒におしゃべりして過ごす。結果的に性格の良い女性だった。

そのあとは庭でダラダラとすごし、ジャグジーでくつろいで、無料のご飯を食べて退散。素晴らしいFKKだった。

教訓:自信のある女性はあまり積極的に営業には来ないようであるため、自分から行く必要がある。上述のロシア女性も営業をしているところを見なかったし、この容姿ならば当然だろうと思った。

 

【三日目】

引き続きこの日も快晴。天候を考慮し、この日も庭付き郊外型のFKKを訪問することに。選んだのはPlanet Eden。ネットで調べて気になっていたためJOJOさんに提案した。

デュッセルドルフから車で一時間弱。畑のど真ん中にあるFKKだ。入場料は30ユーロと格安で、支払いは出る時だという。他のFKKとは異なるシステムだ。

入口も受付もバスローブを借りる場所もシャワーもなにもかも場所がよくわからず戸惑う。客も嬢も全然いなくて不安になった。

客は全部で7人ほど。白髪のおじいさんとモロッコ人と思われる4人ほどの団体、そして当方とJOJOさんのみ。嬢はこの段階で二名。どちらも部屋行きには少し厳しい相手だ。雰囲気が緩くて心地よいのだが、もう少し女性がほしい。

仕方ないので嬢が増えることを期待して、プールサイドに寝転ぶ。そのまま2時間以上待ったであろうか。2~3人の女の子がやってきたが、好みのこはいない。男性客も多少増えたが、閑散とした雰囲気は変わらず、すぐに帰ってしまう客もいた。

夕方頃見切りをつけて、別のFKKへと向かうことにした。次はデュッセルドルフ空港からほど近いOceansへ。まず、受付で入場料65ユーロを支払う。

このFKKは施設が抜群にきれいだった。ロッカールーム、シャワールームもピカピカ。バスローブに着替えてメインフロアに繰り出すとクラブのような雰囲気で、フロア自体はとても広い。

飲み物を頼んでフロア内のソファにJOJOさんと共に陣取ると、すぐに女性が営業に来た。何組かやってきたが、適当にやりすごし一旦外へ。

庭にはソファが何組かあるだけで、広くはない。ソファに腰掛けてJOJOさんと話していたところ、向かいのソファのゴツい男性に女性が営業を仕掛けている。話を聞いていると男性はテコンドーの先生でかつMMAファイターでもあると話していた。対して女性は「I am a SEX FIGHTER」と切り返していた。なかなかユーモアのある女性だ。かなりイチャついており、当方ならばもはや友好なリリースは不可と思われるくらい長時間触り合っていたが、MMAファイターは雰囲気を壊さないままリリースに成功。このテクは学びたいところである。

結局先ほど営業を仕掛けてきた何組かのうち一人、金髪の女性と部屋へ行くことにした。30分50ユーロ。この女性もルーマニア出身で、FKKのルーマニア比率の高さを今回の旅で身をもって知った。

だがこの女性、メインフロアでの柔和な態度が部屋に入ると一変。ちょっと変わりすぎというくらい態度が悪くなり、プレイは塩そのもの。途中で見限って部屋を出た。所要時間15分くらいだろうか。

会話もない中、50ユーロ渡して別れようとするも「私は頑張った」と主張しはじめ「100ユーロよこせ」と要求。渡すわけもなく、そのまま別れた。

JOJOさんは、そのルーマニア人とペアで営業をかけてきたイタリア人の女性と部屋に行ったが、やはり散々だったとのこと。他の方のブログなどではOceansにも優良嬢はいるようであるが、当方は再び訪れようとは思えなかった。

この日のFKK教訓は何だろう…。正直見抜くのは難しいと感じた。もっと経験を積めば回避策はあるのかもしれないが、今の私のレベルではたまには外れを引くことを覚悟するしかない。

 

【四日目】

当初はガイドを三日間をお願いしていたが、前日が消化不良であったこととJOJOさんのスケジュールが空いていたため、一日延長をお願いした。

この日も快晴でだったので、前回訪問してお気に入りになったGolden Timeを再訪問することにした。

前回は土曜日で大混雑していたが、今回は平日だしでそんなに人は多くないだろう…と思いきや駐車場はかなり埋まっている。

中に入ると、前回よりはましであるもののそれでも相当の数の客がいた。平日の真っ昼間からどういうことなのか・・・。

 

広い庭の芝生の上を裸の金髪美女が歩いている。

川沿いのデッキチェアに裸の美女が寝転がり、体を焼いている。

日本ではまずお目にかかれない絶景だ。

JOJOさんと一緒に美女たちの隣に陣取り、寝転がって暫しだらだらと過ごす。その後建屋内に移動したところ、金髪ショー トの美女を発見したため声をかけて部屋へ行くことにした。

この日は庭のテントでプレイしてみることに。テントに向かう途中、近くのハンモックでJOJOさんが寛いでいた。

この美女はロシア出身の26才とのこと。テント内で早速プレイに及ぶが、ポルノ女優並みに声がでかい。JOJOさんのハンモックまで声が聞こえていたようで、気まずくて移動したとあとで聞いた。

その後JOJOさんは、第3弾ガイドの顧客・TKさんと兄弟になるべく部屋へ向かったため、当方は食堂でホワイトアスパラガスを食す。普通のアスパラガスだが、有名らしく味も良い。

ハンモックでゆらゆらしながらJOJOさんの帰還を待ち、合流後互いに選択した女性の話に花を咲かせた。余談ではあるが、当方は店員の女性が最も気に入ってしまった。バーで会話した際、まっすぐに見つめられシャイな当方は困ってしまった。その女性を視線で追っているらしく「見すぎですよ。笑」とJOJOさんに注意頂く。

それにしてもFKKは一応売春斡旋場所なのに、どのFKKでも女性が受付や店員として働いていて、しかも非常に明るい雰囲気だ。日本の風俗のようにおじさんばかりというわけではなく、雰囲気そのものがまったく違う。一種の社交場みたいな雰囲気であり、男性客も普通に話しかけてくる。当方は英語が苦手で友人となるには至らなかったが、JOJOさんは普通に周囲と打ち解けていて、もう少し語学力を磨こうと思った。英語が話せればもっとFKKを楽しめる。

教訓:語学力があればFKKをより楽しめる。勉強のためのモチベーションとしてFKKはもってこい。

 

【番外編】

JOJOさんのガイド終了後も数日ドイツにいたため、一人でFKKへと行ってみることにした。向かう先はデュッセルドルフ中央駅からアクセスの良いDolce Vitaである。

中央駅からS6に乗り込み Dusseldorf-Reisholz駅へと向かうも、逆方向へと進んでいたことに途中で気づき引き返す。中央駅から適正な方向へ向かえば、10分ほどで目的の駅に到着するはず。

その後オフラインで使える地図アプリのmaps.meを見ながら徒歩で現地に向かった。10分ほどで到着。白い壁に細い路地が設けられており、奥へ進むとドアが二つ。これらを通り抜けると受付にたどり着く。入り口でのやり取りはガイドしてもらっていた四日間とほぼ同じであったので、特に問題なし。

近くを歩いていたルーマニア人の女の子に各設備の場所を案内してもらった。ガイド三日目のOceansもそうだったが、やはり都会部のFKKは設備が非常にきれいである。Dolce vitaはスマホの使用OKだったので、持って入った。

都会型なのでメインフロアは狭いが、庭は案外広くてプールもあった。とりあえずご飯を食べたが、ビュッフェの種類は少ない。

平日昼間の訪問だったため男性訪問客は少なく、当方入れて6名程。女性は12~13名。やや年齢のいっている女性もいるが、若くて綺麗な娘もいた。有名店に比べれば人数は少なめだが、選ぶ女の子がいないというわけではない。空気もまったりしていて悪くない店だと思った。

プールサイドでしばしくつろいだ後、ルーマニア人の金髪、やや背が低く、細身の女の子と部屋に入った。30分50ユーロでかなり濃密なプレイを楽しめた。

デュッセルドルフの中心部から近いため日本客が多いらしく、嬢は日本語の隠語をよく知っていた。プレイ中に「チンコ、マンコ、キモチイイ」と連呼されるのはやや萎える。

その後ゆっくりとくつろぎながら二回目をするかどうか考えていたが、結局このまま退散することにした。

教訓:JOJOさんのガイドを通してFKKで遊ぶときのルール、マナーや優良嬢をどのように見極めるかなどを重要なポイントを学ぶことができ、一人でも何ら問題なく遊べる最低限の知識は身についたと実感した。ガイドで得られた最大のメリットはこういう面にあると思う。

 

【帰国】

一週間ほどのドイツ旅行で、FKK訪問が計6件。エロに相当額の金を費やすも、満足度の高い旅行であった。以前より熱望していたFKK訪問にご協力頂いたJOJOさんには、感謝の言葉を申し上げたい。

また、ドイツの入出国の荷物検査は以前より厳しくなっており、当方はカバンの中から金色の箱が見つかり「これは何だ!」と厳しく問い詰められた。それは日本から持ち込んだコンドーム「003 リアルフィット」であるが、公衆の面前で「This is condom.」などというわけにもいかず冷や汗をかく場面があった。

アブダビを経由し、長いフライトの後日本に帰還し、今この文章を書いている。日本に帰ってくれば辛い会社勤めが待っているが、今回の経験から今後いつでもあの非日常の空間に戻れると考えたら頑張れる気がする。それくらい多くのものを得た旅だった。

価格以上に様々な知見を与えていただいたJOJOさんに対する謝辞をもって、本レポートの締めくくりとしたい。

JOJOさん、色々ご面倒をかけたと思いますが四日間本当にありがとうございました。

2017年5月29日 報告者:K

 

いかがでしたでしょうか?

 

ぼくはまずレポートの長さに驚きました。笑

Kさんはとても真面目な方で、問い合わせの連絡から丁寧な感じがビシビシ伝わってきていたので、レポートもしっかり書いてくれるんだろうなと思っていたんですが、想像を軽く上回ってきましたね

これもうぼくのレポート不要な気がします

 

ガイド終了後に1人でFKKに行かれてガイドの効果を実証してくれたのが個人的にはとても嬉しかったです

ご覧ください!このコメント!

 

完全にベテランFKKユーザーのコメントですね!

短期旅行で一回ドイツに来て、何件か行っただけではここまでになりませんから!

さて、ご察しの良い読者の方はこの後ぼくがなにを言うか分かりましたね?

 

一生忘れることのない最高の夏休みを過ごしませんか?

夏休みの予定は決まりましたか?

現在7~8月のガイド希望者を募集中です

これまで何度も記事にしてきた通り、夏のFKKは最高です

夏休みに緑に囲まれて金髪美女といちゃいちゃしながら青姦したい方!

下記の記事の募集詳細をご確認ください。ご連絡お待ちしてます!

ドイツの風俗・FKKガイド希望者を募集してます | WORLD SEX TRIP

 

 

日本でエロい変態女子を探せるJOJOオススメの出会い系ベスト3!!

この3つのサイトは、いずれもぼくが実際に使ってエロいをセフレをゲットした出会い系サイトです

PC MAX(R18)

【高評価・おすすめポイント】

  • アクティブユーザー(実際にサイトを使っている会員)が多いことで有名
  • 「大人の出会い=セフレ」目的の女性が多い
  • ぼく個人が一番安定してセフレをゲットしていたのがPC MAX

↓お尻の綺麗な35歳どエロ人妻を釣ったのはPC MAX

img_2633 出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

なお、PCMAXは登録後2日間のうちにポイントを購入すると、ポイントが増量されるキャンペーンをよくやっています。以下のようなキャンペーンが表示されたら、すぐにポイントを買ってしまった方が、結果としてお得に遊ぶことができます!

 

Jメール(R18)

【高評価・おすすめポイント】

  • 他サイトより規模が小さいため男の競合が少ない穴場的存在
  • アブノーマル嗜好の女の子の集客に力を入れているため、エロい女を探すにはもってこい
  • いつも若くてかわいい女の子を引っ掛けては乱交パーティーに連れてくる変態サークルのエースからこっそり教えてもらったサイト
  • PC MAXに負けないくらいの数の変態セフレをゲットしたサイト

↓コスプレ好きの19歳・短大生をゲットしたのはJメール

img_3001 

 

ワクワクメール(R18)

【高評価・おすすめポイント】

  • 他のサイトで10円かかるプロフィール閲覧が無料 → ガンガンプロフィールを確認してメッセージを送ることができる
  • サクラや業者が一番少ない
  • ワクメを使っている実感として、女の子とのデート・セックスにつながる確率が他のサイトよりも高い

↓縛られたい願望があるどMの22歳・女子大生を釣ったのはワクメ

img_3114

ぼくが自信をもっておすすめできる優良出会い系サイトは他にもあります。気になる方はコチラ!!

出会い系サイトを使って変態女子をゲットしてはセフレを量産していたときの経験をまとめた記事がこちらです。ぼくが数年間蓄積したノウハウがぎっしり詰まった超実践的なマニュアルになっています。ぜひご一読ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA