アディスアベバでナンパした女の子とデートからお持ち帰り 〜その2 暗闇の違法営業シーシャカフェからホテルに誘う〜

日本人と中国人の知り合いがいるという彼女

詳しく聞こうとすると話を逸らされた

怪しい・・・・・

アジア人専門で商売、つまり売春でもしているのか

まぁそれならそれで話が早いしいっか・・・・・・

彼女の電話はひっきりなしになっていた

IMG_1913.jpg

そのほとんどは男のようだ

N「エチオピア人の男は身体ばっかり目当てでろくな男がいないわ」

彼女はそう言った

ぼ、ぼくもそーなんですけど・・・・笑

N「今から友達がひとり来るわ。私のベストフレンドよ」

でたこの展開

海外でアポをとりつけてデートと思ったら友達を連れてこられたことはよくある

ダメなやつかもな

やってきた友達はNよりもっと肌の色が黒く完全な黒人

スレンダーなスタイルでこちらもかわいいこだった

IMG_1914.jpg

街の中心地に乗り合いバンで移動してまたカフェに入る

N「この後どうする?」

JOJO「うーん・・・・お腹空いてる?」

ハンバーガーやへ連れてこられた

もっと高いところに連れていかれるかと思ったけどそこは18歳

かわいいもんだ

IMG_1916.jpg

この辺りから徐々にタッチをはじめてみた

手を膝におく

IMG_1917.jpg

歩くとき手をつないでみたり

彼女は特に抵抗するそぶりもない

お?

いける?

Nの友達が家に帰ると言い出した

彼女の家は信仰心が強いイスラム教の家庭

彼女の行動に対しても両親が厳しいらしい

よしよし

これで2人に戻ったぞ

JOJO「まだ一緒にいたいけどNは時間大丈夫?」

N「大丈夫よ」

友達が帰る方向に一緒に乗り合いバンで移動する

N「このあとどうする?」

うーん

ホテルに誘いたいけどまだ分からない

JOJO「うーん、なんでもいいよー」

N「シーシャ好き?」

好きでもないけど嫌いではない

どうやらエチオピアでシーシャカフェの営業は違法らしい

連れて行かれた場所は完全な民家

部屋に厳重に鍵がかけられている

覚醒植物チャットが合法で

食い過ぎて頭おかしくなってる奴がたくさんいるのにシーシャが違法なんて変な国だな・・・・

しかしローカルな場所過ぎて笑える

旅行者など絶対にくるわけがない場所

3人の地元民がそれぞれシーシャを楽しんでいた

IMG_1920.jpg

このカフェは彼女の地元

まわりの目があるのでここで手を出すわけにはいかない

と、途中で急に電気が落ちた

どうも停電らしい

チャンス!!!

腰に手をまわしてみた

さらに逆の手で手をつなぐ

彼女は手を握りかえしてきた

ここからはずっと彼女の身体に手を触れていた

N「そろそろ行こ」

シーシャカフェを出る

N「このあとどうする?」

彼女は毎回必ずこう聞いてくる

暗くなってきたしそろそろ頃合いか・・・・

JOJO「どこか静かなとこいきたいな。2人きりになれるところ」

N「・・・・・・どこ?」

JOJO「今日の夜一緒に過ごしてくれない?嫌かな?」

ぼくはとうとう切り出した

4 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    たさん、
    焦らしてるつもりないんですけどね。笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。