海外風俗好きに絶賛お勧め!中南米屈指の夜遊び大国キューバ 〜その11 深夜の民家で濃厚SEX〜

Casa de la musicaで捕まえた、というか捕まった女の子といちゃいちゃしながら歩くこと約15分、Casaにつきました。

他のところでも同じなんだけど、Casaって普通の家の1室を借りる感じなので、その家のおばちゃんとかおっちゃんと顔を合わせるから若干気まずいんですよね。

夜中にいきなりエロい顔した外国人が訪ねてきて、

「おばちゃん、この部屋でえっちするからちょっとどいてて!」

みたいな。

まぁ向こうも商売です。気にしないことにします。

嬢は派手なエロめのかっこです。

お金や物があまりない国だけど、キューバ人の娘の服装は結構お洒落だし好きでした。

ただ、脱がせてみたら、下着が綿ぽいやつであんまり可愛くない・・・・

カマグウェイの嬢も同じような下着だったんだけど、キューバ人は下着にお金かけないのかね。

服装とのギャップ・・・・

プレイはキューバ標準の濃厚なやつ。

安定のプレイです。

一戦交えた後は、友達が待つCasa de la Musicaに戻ります。

嬢「私こっちだから。じゃあまたね」

えーーー???

一緒に戻るって言ったのに・・・・・

そそくさと帰ってしまいました。

近くは真っ暗でタクシーもいない・・・・・

夜中に暗い道を一人で歩かないといけません。

まぁこんなこともあろうかと、対策を考えてました。

我ながら良い作戦だと思います。

街までひたすらダッシュ!!!

ということで、無事戻れました。

店に戻ると、友達がブラジル人男女グループと話してました。

ブラジル人の娘、何故かぼくに女の子を付けようとしてきます。

「この娘はどう?だめ?じゃああの娘は?」

一体何が目的なの?

その間、ぼくの友達はこのブラジル人の娘から猛烈アプローチを受けてたようでして。

自分がぼくの友達を連れてくにあたって、他の娘をあてがおうとしてたんですかね。

友達には行って来ても良いよーって伝えたんだけど、だいぶ飲んでたし時間も遅いし、結局女の子と遊ぶのはやめて宿に帰ってきました。

ぼくはぼくで1回戦終えたばっかだしね。

シエンフエゴスは街が綺麗だし、人もうざくないしお勧めです!

さて、宿までの帰り道。

猛烈な腹痛に襲われ、一人で宿に走りました。

この日走ってばっかり・・・

ふー。

間一髪

間に合わずうんこ漏らしました。

キューバでは安く食事を済ませようとするとピザばっかりで野菜全然食べてなかったし、そりゃ下すわ。。

漏れそうになったことは数え切れないけど、ガチで漏らしたのは初めてです。

嬢と一緒のときじゃなくて良かった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。