ボアッチで日本人ハーフ嬢と! その1 〜ブラジル・サンパウロのボアッチ最新情報2014〜

今日はブラジル・サンパウロの風俗・ボアッチで遊んできた時の話です。

昼は普通に観光して、たまたま居合わせた日本人男子と夜飲みにいくことになりました。

男2人でサンパウロで飲みに行くっていうとボアッチになっちゃいますよね!

Faira rima周辺の店をいくつか見てまわったけど、かわいい嬢ぜんぜんいねーーー

別の日に目を付けてた嬢がいたんだけど、店を覗くとその嬢は接客中。

チッ

色々まわってみたけど、どこの店も微妙・・・・・

どーする?帰ろっかー?と相談していると、

「ちょっと待って!」

ボアッチの店内で女の子から日本語で話かけられました。

振り向くとそこには接客中の嬢。

どっからどう見てもブラジル人です。

嬢「ねー!日本人?」

「うん。そーだけど・・・・」

日本語は完全にネイティブ。

なんだこれ!訳分からん・・・・・

「すぐ行くからちょっと待ってて!!」

状況が飲み込めなかったけど、面白そうだから待ってみることに。

5分程経って、接客してた客を切り上げた嬢がやってきました。

嬢「てかやばっ!本当に日本人?なんでこんなとこいるの?」

いやいやそれこっちの台詞!笑

ボアッチの嬢が完璧な日本語を話してるってだけで、なんか面白い!

話してみたら、嬢は日本人とブラジル人のハーフ。

日本育ちの元ギャル!笑

確かに話し方が完全なギャルです。笑

しかしボアッチで会話が通じるって良いですね!

ぼくポルトガル語は全くできないので、遊ぶの難しいなーってちょうど思ってたんです。

「てか日本人と話すの超久しぶりだんだけどー!まじヤバい!」

彼女は足をぼくの太ももの上に乗せ、完全リラックスモード。

「ねー!あの娘ちょーキモくない?ほら!キッショ!まじないわ〜」

「JOJO私とあの娘だったらどっちがタイプ?はっ?どこがいーの?趣味わるっっ!!!」

こらこら。笑

皆日本語分からないのをいいことに、でかい声で言いたい放題でした。

ぼくたちの席だけキャバ・・・・というより場末のスナックと化してます。笑

彼女は店の一番人気。

近くの席で彼女を待っている常連客がこちらをじーっと見てきたり、新規の客達も彼女をガン見してきます。

き、きまずいよー・・・・・

日本の話で盛り上がり、しばらく飲んでると、彼女は太ももをさすりながら小声で聞いてきました。

「ねー・・・・私とSEXしたい?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。