ボリビアの田舎街で現地の19歳JDと仲良くなって4日連続でデートしてきた件 〜その1 出会いから初デートへ〜

出会い

日本人の友達2人(男)と、あるボリビアの田舎町を夜に歩いてたら

前から女の子がひとりで歩いてきました

可愛らしい娘だなー

と思ってたら

すれ違いざまに「コンニチハ」って声が聞こえました

えっ?

ってなって話してみたら

日本が好きな女子大生だった

そのときいたメンバーではぼくだけちょっとスペイン語ができたので

必然的にぼくが連絡先を交換して、後日遊ぼうよって話になりまして

その娘(以下Cちゃん)、見た目は割と普通で真面目そうな感じなんだけど

サンタクルス出身でインディヘナ色が強くなくて

背が低くて声が可愛いらしくて

なんとなくそそられる娘だったんですよ

初デート。でも間が持たない・・・

次の日さっそくメールして、会うことになりました

友達誘ってもらってコンパ的な・・・・

って展開を考えてたんだけど、なんか真面目そうだしそんな雰囲気じゃなかったので

友達はホテルで寝てることにして、ひとりで会いに行くことにしました

さてどーしたもんか

ボリビアの田舎街で真っ昼間に真面目な学生と2人て・・・・

JOJO「どーしよっかねー!お腹空いてる?カフェでも行こうか?どこか良い店知ってる?」

C「んー、全然知らない。お腹空いてないし喉も乾いてないから歩こーっ♪」

30分もすれば一周できてしまう程度の、それはそれは小さな街を歩きました

マジ見るものねー

この街の若者はどこでデートするんだろうか・・・・・

ちょっと疲れたので、その辺の売店で飲み物買って公園のベンチに座った

千と千尋と公園と

彼女は例のごとくアニメ好き

日本好きっ!って言ってくる人は、南米ではほぼ全員アニメ好きです(JOJO調べ)

なんならぼくなんかぜんっぜん知らないアニメとか余裕で知ってますからね

マニアックなやつ

Cは全然日本語できないし、JOJOのスペイン語もたかが知れてるので

1時間もしたら会話も少なくなってきます

そもそもぼくそんなおしゃべりな方じゃないし

それでですね

Cのアニメ好きについては出会った時点でわかってたので

秘密兵器を持ってきました

JOJO「日本のアニメのデータ持ってるから一緒にみよー!どれがいい?」

無駄に沢山貰っておいた動画データがこんなところで役立つとは

貰っとくもんですね

お笑いと旅で出会った女子と見るときに使う良い感じの映画くらいしか見た事なかったわ

ぼくのライブラリーではジブリ系が充実してたので

千と千尋の神隠し(英語キャプション付)を見る事にしました

狙い通り大興奮のC

Cは英語もできないので雰囲気で楽しんでる様子

でもそれには限界があり

たまに「ねーいまのなんて言ってた?」って聞いてくるので

JOJOがスペイン語に通訳(完全に雰囲気で)

C「あーー!そういうことか!ふーん」

納得顔のC

ふふふ

大人のテクやで(通訳は本気でてきとーです。複雑な台詞を訳せるわけありません。自信満々でいれば意外とバレないのだw)

映画を観つつ徐々に距離を詰めていき

肩とか腰にすこーしだけ手を回してみたり、太ももに手をおいてみたり・・・・

30代のおっさんが19歳JDに恐る恐る近づく様子は、それはそれは気持ち悪かったことでしょう

よしっ!

なんだか今日イケそうな気がしてきた!

淡い期待が湧いてきたのでした


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。