流星群を見ながらフランス人ヒッピーと青姦 〜その2 騎乗位と流れ星〜

「ヒッピー」

「フリーセックス」

フリーセックスってやっぱりそういうことなの?

このタイミングで彼女に質問できるわけもなく

ただぼんやりと自問自答した

しばらく手をつないだまま星を眺めていると

彼女がくっついてきた

これはもう・・・・・

一人でくるまったブランケットの中に彼女を引き寄せキスをした

彼女の舌がぼくの舌に絡み付いてくる

ぼくの手が彼女の身体を撫で始めると

彼女の手がぼくのち○こに伸びてきた

こんな状況で見る流れ星なんて初めてだ

セックスと流れ星が頭の中で全然結びつかない

フェラされながら空を見上げるぼくは結構冷静だった

JOJO「Stop! I don’t have condom here」

C「No problem」

Cはそう言ってぼくのち○こを導いた

素肌に擦れるブランケットと華奢な彼女のあたたかい肌

騎乗位で彼女を見上げると

彼女の頭越しに流れ星が何度も流れた

JOJO「星が綺麗だよ」

そう言って体勢を入れ替わると

彼女は喘ぎ声とは違う感嘆の声を出した

最後まで不思議な感覚

C「部屋に戻って寝よう」

何事もなかったかのように部屋に戻って

いつものように皆で川の字になって寝た

それから数日間

彼女はこれまで同じように、他の皆にするのと同じように普通に接してくる

フリーセックスってなんだろう

ヒッピーはやっぱり分からない


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。